るろうに剣心 ネタバレとあらすじ!映画東京編のラスト結末まで

映画「るろうに剣心」の第1作の東京編のネタバレとあらすじを結末まで公開しています。

漫画で絶大な人気を誇り、人気俳優佐藤健が主演の映画ともあって現在でも話題になっている作品。

なので、ここでは第一作である東京編の結末までのネタバレとあらすじを参考にしてもらえればと思う。

【スポンサードリンク】

あらすじ紹介

映画「るろうに剣心」東京編のネタバレとあらすじについて、まずはあらすじから紹介しよう。

幕末の動乱に揺れる京都には、凄腕の暗殺者で「人斬り抜刀斎」と呼ばれる人物がいた。

その男と名前は「緋村剣心(佐藤健)」。

剣心は、人間技を超えるような剣技と暗殺力を持ち、幕府の幹部から恐れられていた。

しかしそんな「人斬り抜刀斎」だった剣心は10年経った明治11年にはとても穏やかな人物になっていた。

人の命を無駄に奪うことはしない「不殺(ころさず)の誓い」を掲げて流浪人(るろうに)として東京に流れ着いた。

しかし、東京では中毒性の高い新型阿片の密売と辻斬り事件という2つの問題が生じていた。

ある日、悪徳商人である武田観柳(香川照之)に新型阿片を作らされていた女医の高荷恵(蒼井優)は良心の呵責に耐え切れずに屋敷から逃げ出す。

観柳は恵を連れ戻すため、凄腕の暗殺者である鵜堂刃衛を差し向け警察署内で刃衛は斬殺を繰り広げたが恵みは取り逃がした。

一方、小さな道場を営んでいる神谷活心流の師範代の神谷薫(武井咲)は、剣心を犯人と勘違いしたが誤解は解ける。

その直後に刃衛が現れ薫は斬られそうになるが剣心に救われた。

また、神谷道場には観柳の手下たちが現れるが剣心が気絶させる。

そして、そこへ駆けつけた警官隊に剣心は連行されることになった。

しかし警察では、剣心が抜刀斎であることを知っている斎藤一(江口洋介)が捜査協力を依頼するが剣心は断ってあっさりと釈放される。

そして、剣心が薫に迎えられて道場へ戻る頃、逃亡中の恵も神谷活心流門下生である明神弥彦(田中偉登)とともに居候することになるのであった・・。

【スポンサードリンク】

結末ネタバレ

映画「るろうに剣心」東京編のあらすじを紹介したので、次に結末のネタバレについて言及しよう。

道場で各々が生活している中、町の井戸に毒が入れられて住人が苦しみ出す事件が起きる。

医師である恵が治療に奔走して一段落すると、恵は住人に迷惑をかけたくないという思いから自ら観柳の屋敷に戻る。

それを知った剣心は喧嘩屋の相楽左之助(青木崇高)と観柳の屋敷に向かい、恵を救出することに成功する。

しかし、その時すでに刃衛が薫を拉致しており剣心と決着をつけることを望んでいることを聞かされると今度はすぐに薫の元へ向かう。

決戦の場では、剣心は人斬り抜刀斎の一面を見せて闘いの末に刃衛を斬ろうとするが薫の声で剣心は自分を取り戻す。

そして破れた刃衛は自害するのであった。

そしてラストシーンでは、剣心は薫の道場に帰るのである。

【スポンサードリンク】