サムライせんせい 最終回のネタバレ!ドラマ結末を分析

ドラマ「サムライせんせい」最終回のネタバレを結末までお送りしています。

錦戸亮主演のこのドラマ、ジャニーズファンにとってはたまらない作品ではないだろうか。

今回は、この「サムライせんせい」の結末である最終回のネタバレを記載していこうと思う。

【スポンサードリンク】

タイムスリップという展開はベタだが面白い

ドラマ「サムライせんせい」に関して、結末である最終回のネタバレは気になるところであろう。

なぜなら、武士が幕末から現代にタイムスリップしてくるという設定は漫画や小説や他のドラマや映画でも結構頻繁に存在するので一見ありふれた感じに見えるが、時間を移動するというのはやはりどうしても多くの人は興味を持ってしまうからだ。

特に、個人的には過去の時代から現代にタイムスリップしてきて色んな現代の技術やモノに歴史上の人物が驚いている様を見るのが非常に面白いと思っている。

さらに、今回の「サムライせんせい」はただタイムスリップに焦点をあてているだけでなく現代社会で先生としての役割を持っていることがさらに興味深さを感じさせるのではないだろうか。

武士が塾の講師になって子供たちに教えるというのは今までのどの作品にもない設定なのではないかと思える。

【スポンサードリンク】

ドラマ結末のネタバレ

さて、ドラマ「サムライせんせい」の最終回ネタバレについては、まず結末については2つの展開が想定されるだろう。

それは、タイムスリップしたまま現代人としての生活をしていくことに落ち着くか、それとも最終回で元々自分がいた幕末の時代になんらかの作用で戻ることになるかだ。

これについては、普通に考えたら「幕末に戻って結末を迎える」というのが一番可能性が高いだろう。

他のタイムスリップ系の作品でも自分が元いた世界に戻るというのがほぼ当たり前になっている。

現代にそのまま住み着くとしても、現実的なことを言えば住民票や戸籍がないからだ・・。

いわば、「存在しないはずの人間」のまま暮らしていくことはできないだろう・・。

そのため、現代の生活に戸惑いながら色んな事件や問題を半平太(錦戸亮)は持ち前の実直な精神で解決していって恩人である佐伯真人(森本レオ)や佐伯晴香(比嘉愛美)、そして子供たちと絆を深めて幕末の時代に戻ることになるのではないだろうか。

色んな人との絆を深めていくが、「やはり自分がいるべき場所は幕末である」という精神は変わらずみんなに結末ではみんなに惜しまれて帰るべき場所へ戻っていくのである。

ちなみに、原作漫画はまだ2巻までしか出ていないのでドラマではかなりオリジナル性が強くなっているだろう。

【スポンサードリンク】