納豆と豆腐は健康の王様!「食物界の最強ダイヤモンド」を食せよ!

納豆と豆腐、これがあれば健康生活&100歳まで生きられると個人的には思っている。

色んなところでも、納豆と豆腐は健康食として知られているがその認知度はまだまだ低いんじゃないかというのが正直なところだ。

「健康に良さそうだから食べておいた方がいい」ぐらいのレベルにしかまだ日本ではなっていない気がする。

そこで、今回は多くの人が思っているよりも素晴らしい食材だということを個人的な経験から力説したい。

【スポンサードリンク】

サッカーでいうとオールラウンドプレイヤー

納豆と豆腐は、単に健康に良いだけでなく「すべてに優しい食物」なのだ。

どういう意味かというと、まず最初に偉大だなと思うことは「安い」ということである。

健康に良いだけの食品ならいっぱいあるが、安価に手に入れられるというところは素晴らしいメリットだろう。

また、当然美味しいということも納豆と豆腐を食べることのメリットである。

まあ、納豆に関しては嫌いな人も多いかもしれないが好きな人は大好きだろうし、豆腐に関しては嫌いと言う人はほとんどいないのではないか。

また、納豆や豆腐はそれ単体でも美味しいのだが「色んな料理法があり、また色んな食材とマッチする」ということである。

豆腐だったら冷奴で冷たく食べてもいいし、揚げ物として食べたければ揚げだし豆腐にしてボリューム感満点で食すことも可能だ。

また、麻婆豆腐なんかは人気料理のうちの一つなのは言うまでもないだろう。

納豆なら、オクラやマグロなど他の食材とまぜまぜして食べるバリエーションが非常に豊富だ。

この2つの食材はサッカーに例えると「どこのポジションもこなせる」ということだ。

自分が主役になって点をとることもできるし、他の食材をサポ―トするディフェンスやボランチなんかの役割にもなれる。

色んな役割に変わることができる万能食材なのだ。

【スポンサードリンク】

さあ気づくのだ!想像以上に偉大な食物だということに!

納豆と豆腐が健康だけではないということを少しは理解いただけただろうか。

個人的によく食べる料理法は、納豆ならやはりオクラや生イカなんかと混ぜて醤油で食べると夏なんかは特に幸せの絶頂だ。

また、豆腐の場合は食欲があまりない時や寝る前の夜食として単純に湯豆腐的に食べることが多いがこれはとてもオススメだ。

豆腐はヘルシーなのにボリューム感があるという食材なので、豆腐でお腹いっぱいにして満足感を得ることができ、消化にも良いのでお腹一杯になった後のもたれ感もない。

特に夜食に食べるならカップ麺とかではなく豆腐にすると最高に体調がよくなるだろう。

さあ、ここまで読んで豆腐と納豆の偉大さを改めて知ってもらえただろうか。

これからこの2つの魔法の食材を日々に生活に取り入れて「健康で安くて美味しい」人生を手に入れようではないか。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*