古賀稔彦の息子がイケメン!大成高校で発揮する実力が半端ない件

バルセロナオリンピック金メダリストの古賀稔彦。

その息子がイケメンで、大成高校でも父親と同じく柔道をやっているのだ。

今回は、古賀稔彦の息子について柔道も含めて色々と焦点をあてていきたいと思う。

【スポンサードリンク】

古賀稔彦について

古賀稔彦には、2人の息子がいてイケメンだということで噂になっているが実際にそうだ。

というか、古賀稔彦自身がかなりのイケメンなのでやはりルックスに関しても父親譲りなのだろう。

柔道の全国大会の後に親子3人で撮った写真があるのだが、確かに息子さんはカッコいい。

坊主に近い髪型なので、髪を伸ばすようにしたらもっとイケメンぶりが際立つのではないだろうか。

さて、古賀稔彦はバルセロナ五輪で金メダルを獲っただけでなくその4年後のアトランタ五輪でも銀メダルを獲得している。

決勝で惜しくも負けてしまったが、金銀両方のメダルを所有しているというのはなんかカッコいいのではないか。

なにしろ、中学の頃からずっと全国大会で優勝したり数々の国際大会で優勝したりしているのでオリンピックでは常に優勝候補になっていたのもうなずけるものだ。

そして、やはり柔道の実績があるため全日本女子柔道の強化コーチを務めたり大学教授にまでなったりしている。

柔道選手でオリンピックメダリストになった人は、多くの人が体育大学で教授をしたりしているのだ。

ちなみに、柔道絡みでCDデビューもしたことがあるそうだが・・・これはどうなのだろうか。

【スポンサードリンク】

息子は全員柔道エリートか

そして、古賀稔彦のイケメン息子2人は大成高校で切磋琢磨する毎日だ。

長男と次男、2人もさすが古賀稔彦の息子というだけあって柔道の実力派ホンモノ。

全国大会では、長男は準優勝で次男の方は優勝をしている。

しかし、父親の古賀稔彦や長男の心境としてはやはり金メダリストの息子というプレッシャーもあるため準優勝止まりでは悔しいのではないだろうか。

実際、息子たちはかなり父親からプレッシャーをかけられているという話も聞く。

というか、何も言われなくても父親と同じ競技をしていたら金メダリストの息子がどこまでできるのか普通の人も気になるだろう。

長男はまだ全国優勝の経験がないみたいだが、それでも全国トップクラスの実力を2人とも持っているので父親の面目は保たれているといったところだろうか。

もちろん、こういったプレッシャーがあるのは長男も次男も柔道をやることに決めた時からわかっていたことだと思うのである意味では良い材料として受け止めているのかもしれない。

【スポンサードリンク】
CATEGORY :