花火大会2015 神奈川の7月からの日程とオススメの花火大会を紹介!

夏と言えば花火大会。

2015年7月以降に開催される主な花火大会をおすすめも含めて神奈川県に絞って紹介していこうと思う。

なぜ神奈川なのかというと、東京も花火大会は多いが人混み的には神奈川の方が穴場が多くて意外とスムーズな場所で観れたりするのでオススメなのである。

それでいて、ほどよく都会なので花火大会が各所で行われているのである。

なので、神奈川の花火大会を要チェック!

【スポンサードリンク】

神奈川の花火大会7月以降の日程一覧

2015年7月の花火大会に関しては、神奈川では以下の大会が主なものになっている。

7/11 2015久里浜ペリー祭り花火大会
7/18~19 横浜スパークリングトワイライト2015
7/21 葉山海岸花火大会
7/23 鎌倉花火大会
7/26 えびな市民まつり

8月に関しては、以下が主な花火大会である。

8/1 あつぎ鮎祭り大花火大会
8/1 よこすか開国際 開国花火大会
8/1 小田原酒匂川花火大会
8/4 神奈川新聞花火大会
8/22 相模原納涼花火大会
8/28 湘南平塚花火大会

以上が、7月以降の神奈川での主な花火大会の日程である。

そしてここからはこの中からおすすめの花火大会を紹介していきたい。

【スポンサードリンク】

イチオシの花火大会は!?

2015年7月の神奈川での花火大会日程一覧をざっと紹介したが、7月に関してのオススメがある。

それは、鎌倉花火大会である。

花火の規模としては約2500発ほどと、他の7月の花火大会と同じくらいの規模なのだがやはり場所がいい。

鎌倉で花火大会をするということは観光地としても人気のある鎌倉を味わえるからだ。

鎌倉に来たことがない人にはぜひとも行ってみてもらいたい花火大会である。

デートで訪れる場合は、花火大会と鎌倉デートという両方が実現することになる。

次に8月以降に関してだが、実は花火大会の規模いうと8月の方がすごいのである。

特にオススメなのが、横須賀開国際、あつぎ鮎祭り、神奈川新聞花火大会、そして相模原納涼花火大会だ。

これらは、7月の花火大会に比べると規模としては6000~8000発という規模なので長く壮大な花火を楽しめるのである。

なかでも最大級のイベントは神奈川新聞花火大会だろう。

なんと、1万5千発という規模である!

8/4に予定のない人は、観に行かなければ損だという気持ちになってしまう。

実際、私自身もまだこの花火大会にはいったことがないのでこれほどの規模の花火大会を観てみたいとこの記事を書いていて思った。

東京にはたくさんの花火大会があるが、神奈川も田舎すぎず、ごみごみし過ぎずで屋台もかなり個性的なものが多いので花火大会といえば神奈川と言ってもいいかもしれない。

2015年の7月~8月は神奈川の花火大会でさらにアツくなろうではないか!

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*