「別にいいけど」の心理!友人が連発するので改めて心理を考察した

自分「~時に~駅で待ち合わせしようか?」

友人「別にいいけど、ずいぶん(時間が)遅いね」

・・・なんか不愉快。

その後、特に友人からは意見はなく最初に自分が提案した待ち合わせ場所と時間に決まったのだった。

「別に」とか「いいけど」をよく言う人、周りにもいないだろうか?

また、自分がその言葉を使っていないだろうか。

一体どういう心理なのか今一度考えてみた。

【スポンサードリンク】

何も考えていないか、実は不満があるが言えない

「別にいいけど」と何かにつけて言う人。

これは、大体2つのパターンに当てはまる。

一つは、単純に口癖になっていて何も考えていないパターン。

ようするに、本当に相手の提案に対して不満はないのだ。

そしてもう一つは、自分も意見があるのだが言えないから「別にいいけど」で匂わすパターン。

これは、察してほしいということなのだろう。

「察してほしい?」・・・・「甘えたこと言ってんじゃね~~!」というのが自分の考えだ。

別にいいけど、じゃあ何?

その続きを是非とも教えて欲しいものだ。

日本語として、成立していないではないか。

色んな含みを持たせたまま終わらせないでほしいものだ。

不満があるなら、その場でハッキリと別の提案をしてもらいたいものだ。

ちなみに、「別にいいけど」という発言意外にも気になるものがある。

【スポンサードリンク】

なんでもいい、どこでもいい

「別にいいけど」という人は、大体「なんでもいい」という言葉も使いがちだ。

「なんでもいい」という言葉は「別にいいけど」よりも頻繁に使われがちな傾向がある。

何を食べるか、どこへ行くか、これからどうするか、これらを「なんでもいい」という安易な言葉で片付けようとする人の心理にはあまり好意を持つことができないのだ。

その人にとっては本当にどういう提案でも文句はない、という意味で言っているのかもしれないが自分の場合はこの言葉を聞くと「どうでもいい」に聞こえてしまうのだ。

特にご飯を食べるためにお店を決める際に相談しようとしている時に出て来るセリフだろう。

まあ、本当になんでもいいのなら自分の好きなように提案させてもらうのだが、これで一番タチが悪いのは「なんでもいい」と言っておいて自分が提案したら「別にいいけど」とセットで使う人。

・・・「どんだけ人生諦めてるんじゃ~~~~!」と思いたくなるタブルパンチである。

仕事でも、私生活でもこういった自分の意見をハッキリと言わないで後から不満がるのが一番良くない。

自分もそういう風に言わないようにこれからも気をつけたい。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*