水谷準、嫁に支えられている「世界ランク5位」の秘密

日本の卓球界のナンバーワンといえば、現状では水谷準選手なのは間違いないだろう。

その彼がいつのまにか結婚していて嫁さんがいることは知らなかった。

私は卓球が好きで中学高校時代も部活でしっかりとやっていたこともあり、たまに卓球を試合会場までいって観に行ったりするのだが、水谷準の世界ランクに裏付けされたすごさはよくわかる。

今回は、水谷準自身とその嫁さんについて語っていきたいと思う。

【スポンサードリンク】

嫁さんはどういう人!?

水谷準が結婚したのは3歳年下の嫁さんらしい。

しかも、高校時代から付き合っていたということらしく交際期間は6~7年くらいになるとのこと。

2013年11月22日という、「いい夫婦の日」に入籍したことがなんとも微笑ましい。

高校時代から長く付き合って、水谷準が卓球でぐんぐん実力をつけて日本や世界での地位を固めてきた道のりを長く観てきたというわけだ。

こういうエピソードを聞くと、水谷準の好感度が余計自分の中で上昇してしまうものだ。

2000年代前半までは日本の男子卓球界では松下浩二がトップを担ってきた。

そして、それと世代交代するように水谷準が台頭してきたのは覚えている。

それがまさか、世界ランク5位にまでなるとはその時は思わなかった。

世界ランク5位・・・錦織選手と一緒ではないか!

【スポンサードリンク】

卓球水谷準のすごさ

水谷準は交際していた時から、きっと現在の嫁さんに支えられながら日本卓球界のトップに上り詰めたのだろう。

この選手の何がすごいかというと、「粘る力」である。

水谷準はシェイクハンドラケットを使用するオールラウンドプレイヤーなのだが、特筆すべきは「ブロック力」だ。

相手のスマッシュに瞬時に反応してロビングのボールを上げてやり過ごしながらチャンスとあれば自分から攻めに転じて得点というパターンが多い。

「何がなんでもボールにくらいついて相手のコートに入れる」という泥臭さが水谷準にはあるのだ。

また、左利きという卓球では有利な利き腕と20種類ものバリエーションがある豊富なサービスでフォームをほとんど変えずに打てるのは卓球経験者である私も驚きである。

彼のプレーを観ていると、いつかは中国勢とも互角に戦える日がやってくるんじゃないかと思ってしまう。

現在の中国は卓球に関しては絶対的な存在になっている。

リオオリンピックでも中国勢がメダルを独占するというのが大方の予想だが、水谷準にはなんとかそこに風穴を開けてもらいたいものだ。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*