ミニマリストな部屋、女性も男性も実現させると人生変わる理由!

最近、ミニマリストという言葉が流行っているようで女性の意識改革に大きな影響をもたらしているようだ。

しかし、女性だけでなく男性でもモノが多すぎて人生損しているなという人も知り合いでも結構いる。

今回は、ミニマリストになるために部屋をスッキリさせるメリットについて言及したいと思う。

【スポンサードリンク】

ミニマリストになるメリット

ミニマリストな人の部屋は、自分も想像を超えるぐらいスッキリしている。

ちなみに、ミニマリストの定義とは「モノを極力持たない生活をする人」だと認識している。

ミニマリストとして有名な佐々木さんは、本当にモノを持たない。

部屋にはふとんとちょっとの洋服ぐらいしかないのだ。

これはさすがに自分でもすごいと思ったのだが、もちろんミニマリストだからと言ってここまで究極にすることはない。

ようは、雑多な部屋を掃除してサッパリとした部屋にしちゃおうということなのである。

断捨離とミニマリストは性質が似ていると思う。

で、モノを少なくして部屋をスッキリさせるメリットで一番大きいのはやはり「モノが見つけやすい」ということだろう。

会社員でも感じることだと思うが、仕事場で自分のデスクが散乱していたらそれだけ目的のものを見つけるのに時間がかかってしまい生産性が落ちてしまう。

それと同じことで、自分の部屋がスッキリすることでどこに何があるか常に把握できるメリットがある。

人生に与えられた時間というのは無限ではないのだから、モノを見つけやすくなる環境を作ることによって時間を節約できるというのは素晴らしいことではないか。

また、別のメリットとしては「精神的な高揚」だ。

スッキリ綺麗になった部屋が嫌いという人はいないだろう。

精神的にも身軽な気持ちになって生活のモチベーションが上がってくるのだ。

部屋が綺麗だと、自分の気持ちも不思議とスッキリするのだ。

【スポンサードリンク】

物が少ない暮らしの方が豊かだとは思わないか

ここまで、ミニマリストの部屋について言及してきた。

ちなみに、私自身の部屋はミニマリストまでとは言えないが結構スッキリしているという自負はある。

シンプルなデスクにベッド、そしてテレビと本棚一つである。

小物とか置物の類は一切置かないようにしている。

洋服はクローゼットの中だ。

ああ、そういえばミニマリストになる最大のメリットはもしかしたら「引っ越しが楽」ということにつきるかもしれない。

モノが少ないと、引っ越しが楽になり色んな場所に住むことができるようになる。

引越しが一大事という既成概念を崩せるのだ。

やはりモノが少ないというのは豊だな~。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*