ボクシングフェス2015の対戦カードとタイムテーブル!井上と八重樫の結果

2015年のボクシングフェスは、世界戦2試合を含めて6試合が組まれていて見応えがありそうだ。

特に、世界戦を行う井上尚弥と八重樫東の試合結果は大注目だろう。

ここでは、ボクシングフェス2015の対戦カードとタイムテーブルなどを紹介していきたい。

【スポンサードリンク】

日程と当日の対戦カード

ボクシングフェス2015の対戦カードとタイムテーブルについて、まずは下記の対戦カードを紹介しておこう。

・スーパーライト級6回戦(10R)
井上浩樹(大橋)VS
アリフ・マウド(インドネシア)

・54.5kg契約10回戦(10R)
松本亮(大橋)VS
ジェストニ・アウティダ(フィリピン)

・日本フェザー級タイトルマッチ(10R)
王者:細野悟(大橋)VS
挑戦者:下田昭文(帝拳)

・OPBF東洋太平洋スーパーフライ級
タイトルマッチ(12R)
王者:井上拓真(大橋)VS
挑戦者:レネ・ダッケル(フィリピン)

・IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ(12R)
王者:ハビエル・メンドサ(メキシコ)VS
挑戦者:八重樫東(大橋)

・WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ(12R)
王者:井上尚弥(大橋)VS
挑戦者:ワルリト・パレナス(フィリピン)

上記が対戦カードになるが、12月29日19時から放送となる。

なお、放送されるのは上記2つの世界戦とハーフタイムでのももクロのライブだけになる。

できれば東洋太平洋防衛戦も見たかったが・・・。

【スポンサードリンク】

タイムテーブルと注目試合

ボクシングフェス2015の対戦カードを紹介したので、当日のおおよその以下のタイムテーブルも参考にしてもらいたいと思う。

15時半から最初の試合が始まるのでそれぞれの試合のラウンド数でタイムテーブルは大体わかるものだ。

・スーパーライト級6回戦
15:30~16:15

・54.5kg契約
16:15~17:00

・日本フェザー級タイトルマッチ
17:00~18:00

・OPBFタイトルマッチ
18:00~19:00

・IBFタイトルマッチ
19:00~20:00

・WBOタイトルマッチ
20:00~21:00

対戦カードとタイムテーブルの紹介は以上になる。

やはり注目は井上と八重樫の世界戦だ。

特に、井上は1年ぶりの試合ということなのでチャンピオンとしてどのように迎えうつのか。

また、八重樫が世界チャンピオンに輝くことができるのか試合結果がとても気になるところだろう。

さらに、ももクロがハーフタイムでライブをやるということなので番外編的にちょっと楽しみである・・。

ちなみに、当日の試合は世界戦の放送のみだが東洋太平洋タイトルマッチと日本タイトルマッチの結果も気になる。

まあ、世界戦2試合を一挙に放送するというだけでもかなり異例のことなので他の試合がかすんで見えてしまうのはしょうがないことだが。

※試合結果は分かり次第以下に追記していきます。

八重樫は大差判定勝ちで悲願の3階級制覇達成!

井上尚弥、圧倒的強さで2RでKO勝ち!

【スポンサードリンク】