高校サッカー2016の優勝候補と出場校一覧!冬はドラマが生まれる・・

2015年12月30日から開幕する第94回全国高校サッカー選手権大会。

今回は、高校サッカー2016の出場校一覧の紹介と優勝候補を予想していこう。

ここから、将来の日本代表候補が出て来るのだから・・・。

【スポンサードリンク】

全国の出場校一覧

高校サッカー2016の優勝候補と出場校について、まずは下記の出場校一覧を参照してもらいたい。

北海道
北海道:札幌大谷(2年ぶり2回目)

東北
青森:青森山田(19年連続21回目)
岩手:遠野(3年連続25回目)
秋田:秋田商(2年ぶり41回目)
宮城:聖和学園(2年連続3回目)
山形:日大山形(18年ぶり13回目)
福島:尚志(2年連続7回目)

関東
茨城:明秀日立(初出場)
群馬:前橋育英(2年連続19回目)
埼玉:正智深谷(3年ぶり2回目)
千葉:市立船橋(2年ぶり20回目)
東京A:駒大高(5年ぶり2回目)
東京B:国学院久我山(3年連続7回目)
神奈川:桐光学園(2年ぶり9回目)

中部
山梨:帝京第三(2年ぶり10回目)
長野:都市大塩尻(2年連続4回目)
新潟:新潟明訓(16年ぶり6回目)
富山:富山第一(2年ぶり26回目)
石川:星稜(17年連続26回目)
静岡:藤枝東(2年ぶり25回目)
愛知:中京大中京(2年連続15回目)
岐阜:各務原(11年ぶり4回目)

近畿
三重:四日市中央工(2年ぶり32回目)
滋賀:野洲(3年ぶり9回目)
大阪:阪南大高(初出場)
京都:京都橘(4年連続5回目)
奈良:香芝(3年ぶり3回目)
和歌山:初芝橋本(3年連続14回目)

中国
鳥取:米子北(6年連続11回目)
島根:大社(4年ぶり9回目)
岡山:玉野光南(2年ぶり8回目)
広島:広島皆実(3年連続12回目)
山口:山口鴻城(初出場)

四国
香川:高松南(34年ぶり2回目)
徳島:鳴門(3年ぶり4回目)
愛媛:松山工(3年ぶり5回目)
高知:明徳義塾(2年連続6回目)

九州・沖縄
福岡:東福岡(3年連続17回目)
長崎:長崎南山(初出場)
熊本:大津(3年ぶり16回目)
大分:大分(4年ぶり8回目)
宮崎:日章学園(3年連続12回目)
鹿児島:鹿児島城西(2年連続6回目)
沖縄:那覇西(2年ぶり14回目)

以上が、高校サッカー2016の出場校である。

【スポンサードリンク】

優勝予想

高校サッカー2016の出場校を確認したところで、優勝を本命と大穴に分けて予想しよう。

【優勝候補本命】
市立船橋(千葉)
青森山田(青森)
東福岡(福岡)

【優勝大穴】
桐光学園(神奈川)
星稜(石川)
大津(熊本)

優勝候補として、本命と大穴でそれぞれ3校ずつ挙げた。

本命の3校はインターハイ優勝の東福岡やJリーグチームとも接戦を演じたこともある優勝候補常連の市立船橋、そして強豪の青森山田だ。

これらのチームはJリーグに内定している選手がいたり、ユース代表になっている選手もいるので当然優勝候補になるだろう。

そして、大穴としては17年連続で出場している星稜。

ここは、あの本田圭佑が在籍していた高校としても有名だ。

熊本の大津高校はユース代表になっている選手が2人いるため穴をあける可能性はある。

そして神奈川の桐光学園。

中村俊輔がいた高校であり全国の常連校。

しかし、神奈川は予選からいつも激戦区で注目されているのに全国ではあまり上位まで行かない。

ただ、本来は優勝してもおかしくない名門校なので悲願の優勝を果たす可能性があるかも。

いずれにせよ、数々のJリーガーや日本代表を生み出している高校サッカーは目が離せない。

【スポンサードリンク】
CATEGORY :