熱中症に水かポカリ、どちらが最適か結論を出してみた件

今回は、熱中症対策には水かポカリのどちらが本当に良いのか具体的に結論づけてみたいと思う。

今年も関東で35度の気温を記録した地域もでてきて、猛暑が始まってきた。

そこで重要になるのは、熱中症対策である。

しかし、いつも思うのだがただの水を飲むのがいいのか、それとも糖分が入ったポカリを飲むのがいいのかは結構曖昧な人は多いのではないか。

かくいう自分自身も水をベースとして生活しているがコンビニに入るとなんとなくポカリを購入して飲むこともあるという曖昧さだ。

なので、改めて熱中症に最適な飲料は何か調べて考察した。

【スポンサードリンク】

水とポカリはどっちがいいのか!?

熱中症対策のための水分補給として、ただの水かポカリのどちらがいいのかは結論からいうと「ポカリ」である。

ちなみに、この結果は自分自身も驚いている。

私の場合は普段から「水」を沢山飲んでいるのでやはり最終的にはただの水がいいんだろうなと思っていたのだが、ポカリの方が最適なのだった!

ではなぜ水ではダメなのだろうか?

もちろん、こまめに水分を取るという意味では水を飲むというのはいいことではあるが、暑い中汗をかくと水分だけでなく「塩分」も失われていってしまう。

熱中症になるのは、実はこの塩分というのが重要になってくるということなのだ。

これは意外や意外。

水分だけじゃなくて、塩分も大事だったのね・・・。

そのため、少しずつ飲むにはまあ良いらしいがあまり水を飲みすぎてしまうと体内のナトリウムと言われる成分(塩分のこと)を保つためにおしっこが出やすくなってしまい、結果的に水分が過剰に失われてしまうのだとか。

そのため、熱中症に適した飲料としては「ナトリウムが含まれている飲料」というのが重要らしい。

それが、「ポカリ」なのである。

【スポンサードリンク】

飲み方にも注意点が!

熱中症にポカリが水よりも最適なのはわかったが、もちろんポカリだってガブガブ飲みすぎてはいけない。

スポーツ飲料は、ナトリウム以外の成分の含んだ「ジュース」と言っても過言ではないので真夏の暑い時やふらふらしてしまう時以外では必要以上に飲み過ぎない方がよい。

ようは、そんなに暑くない場所では適度に普通の水を摂り、長時間暑い場所にいる状態であればポカリなどのナトリウムを含む飲料を摂取した方がよいのである。

ちなみに、ナトリウムを含む飲料はもちろんポカリだけではなく他のジュース類にも含まれているが成分を考えるとポカリやアクエリアスなどのスポーツ飲料が健康に一番いいので安易に「ジュース」に手を出さない方がよいのである。

さて、自分も水をガブガブ飲み過ぎないように気をつけないと・・・。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*