岩田聡、殴る蹴る伝説と病気についてのさらなる真相

任天堂の社長である岩田聡氏が胆管腫瘍という病気で7月13日に残念ながら亡くなってしまった・・・。

まだ55歳という年齢で社長としてもこれからだったという時に、会社と家族はなんとも言えない気持ちなんでしょう。

この岩田聡は殴る蹴る伝説や42歳の若さであの任天堂の社長に就任した人物ということで業界でも一目置かれていた存在だ。

そのため、今回は伝説的な手腕や病気ついての詳細に言及していきたいと思う。

【スポンサードリンク】

岩田聡の見事な手腕

岩田聡といえば、殴る蹴る伝説というものがある。

これは、勘違いしないで欲しいのは彼が社員とかに暴力をふるっていたということでは全くない。

この殴る蹴る伝説は、「大乱闘スマッシュブラザーズ」という大人気ゲームを生み出したことから名づけられた伝説なのだ。

この殴る蹴るなどなんでもありの痛快な任天堂のゲームを開発し、それが大ヒットになって任天堂の利益がぐーんと上昇したのであった。

実際、任天堂という会社自体は彼が社長に就任してから息を吹き返したようになり一時期は「日本で一番賞賛される会社」として世間では認知されていたほどだ。

給料や待遇、知名度や仕事のやりがいなどが評価されて学生では就職人気ランキングのトップに立つ会社なのである。

もちろん、現在は一番というわけではないがやはりこの企業の人気ぶりは健在である。

これは岩田聡の手腕によって築かれたものであろう。

【スポンサードリンク】

病気についての真相

殴る蹴る伝説で業界からも評価され、一大企業に42歳という若さで社長に上り詰めた岩田聡氏。

彼の病気が胆管腫瘍ということだが、いつからだったのだろうか?

自分が引っ張っていかなければならない立場であることは本人も自覚していたのだから、病気のことについては公にはしていなかったのだろう。

それは、2014年の6月に健康診断で発見されたそうだ。

今から約1年前のことである。

しかし、本人は自覚症状がなかったが早期に手術をして腫瘍を取り除いたのである。

だが、この病気の怖いところは初期症状が顕著に現れないためにすでに岩田聡が手術を行った段階で腫瘍が悪性のものだった可能性がある。

その場合、手術をして腫瘍を取り除ききったと思っていても実は別の箇所に発見できない腫瘍が育ってしまっていたという可能性もありうるのだ。

これから任天堂はどうなっていくのだろうか?

岩田聡に代わる社長は誰になるのであろうか?

会社の顔は、やはり社長である。

その企業が優良かどうか、成長していけそうかどうかは経営者の資質によるところが一番大きいので今後の任天堂に注目だろう。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*