大奥(沢尻エリカ)のネタバレとあらすじ!ドラマ最凶の女編

「大奥 最凶の女(沢尻エリカ)」がスペシャルドラマとして放送される。

ネタバレやあらすじが気になる人も多いのではないだろうか。

ここでは「大奥 最凶の女(沢尻エリカ)」のあらすじと結末のネタバレを公開するので参考にしてもらえればと思う。

【スポンサードリンク】

あらすじ紹介

ドラマ「大奥 最凶の女(沢尻エリカ)」のネタバレとあらすじについてまずはあらすじから紹介しよう。

・あらすじ

これは11代将軍・徳川家斉(成宮寛貴)の壮年期の物語である。

ある晩、降りしきる一面の雪のなか、一人の武士・中野清茂(板尾創路)が智泉院の住職・日啓(田中要次)を訪ね、赤ん坊と大金を託して育てるように頼んだ。

14年後、お美代(沢尻エリカ)は誰もが認める美しい少女に成長していた。

お美代は日啓と密会していた清茂のことを父上だと思い中野邸を訪れるが、そこで清茂から、お美代は10代将軍・家治と側室・美乃の間にできた子であることを聞く。

さらに、家斉を将軍にしようと画策する一派によって、家治は毒を盛られて亡くなり、命を狙われた美乃もお美代を産み落として亡くなったという事実を知らされる。

涙を流しながら話を聞いたお美代は両親の無念を晴らすため、大奥に入ることを願い出る。

家斉の側近であった清茂の口添えで大奥入りしたお美代は、大奥総取締・大崎局(浅野ゆう子)の計らいもありすぐに家斉の目に留まる。

そんなお美代を見て、奥女中トリオの葛岡(鷲尾真知子)、吉野(山口香緒里)、浦尾(久保田磨希)はただならぬものを感じる。

その頃大奥で家斉のご寵愛を受けていたのはお楽(浅井江理名)であったが、お世継ぎを産んだ後は全く関心を持ってもらえず捨て置かれてしまっていた。

お美代はお楽に智泉院へのお参りを勧め、そこに眉目秀麗の僧侶・日遠(金子昇)を送り込んで二人が密通するよう企て、その弱みを口実にお楽を手なずける。

その後、生まれ持った美貌と清茂に仕込まれた手練手管を使い家斉の寵愛を受けるようになるお美代。

一方お美代の進言により将軍家ご祈祷所となった智泉院が権力と財力を増していく状況を、快く思っていなかった寺社奉行・脇坂安董(浜田学)は、お楽の産んだ子をお世継ぎとして家斉に勧めることで、清茂の勢力拡大をけん制しようとする。

しかしお美代はある行動によってそんな脇坂の動きを封じ込める。

ほどなくしてお美代は姫君を産むものの、若君でなかったことにより「次は男を産まねば」と思いつめるようになる。

大奥での地位を着々と固めていたお美代はある日、智泉院の庭にいた女中・お志摩(渡辺麻友)と言葉を交わす。

大奥で巻き起こる争いごとをどこか冷めた目で見ているお志摩に強く興味を引かれたお美代はその後度々密会を重ねるようになる。

お志摩の純粋な心と触れ合う時間はお美代に平穏を与え、ついに禁断の恋愛関係に進んでしまうが・・・。

出典:http://www.fujitv.co.jp/oh-oku/story.html

【スポンサードリンク】

結末ネタバレ

「大奥 最凶の女(沢尻エリカ)」のあらすじを紹介したので、最後に結末のネタバレを以下に紹介しよう。

・ネタバレ予想

お美代は、どこか自分と似ているように感じたお志摩と協力することになる。

お志摩はお美代が大奥に入った事情を聞いて、両親の無念を晴らすための想いが強くなる。

他人事だが、お志摩はお美代を自分の事のように心配しているのではないか。

しかし、お美代の両親の無念を晴らすという目論見は失敗に終わってしまう。

それに気づいた人物がいたのだった。

許されないことをしてしまった2人は、罰を受けて最終的には命を亡くすことになってしまうのではないだろうか。

最後に上手くいきそうな計画が、頓挫してしまうという結末になるだろう。

【スポンサードリンク】