信長協奏曲のネタバレとあらすじ、映画結末は意外な展開でスッキリ終わる

「信長協奏曲」が映画として公開されている。

ネタバレやあらすじなど気になる人も多いのではないだろうか。

ここでは映画「信長協奏曲」のあらすじや結末のネタバレを公開するので参考にしてもらえればと思う。

【スポンサードリンク】

キャストとあらすじ

映画「信長協奏曲」のネタバレとあらすじについて、まずあらすじから紹介しよう。

・あらすじ

戦国時代にタイムスリップした高校生・サブロー(小栗旬)は、奇しくも同じ顔をした織田信長(小栗二役)と出会い、信長として生きることになってしまう。

はじめは逃げ腰だったサブローであったが、戦の惨状を目の当たりにするにつけ、織田信長として生きる覚悟を決め、戦のない世をつくろうと思い始める。

歴史音痴のサブローは、史実を知らないまま、桶狭間、上洛、金ヶ崎、浅井朝倉との戦い……と歴史通りのことを成して、ついに安土城を完成させた。

これで天下統一も間近と思った矢先、ふと手にした歴史の教科書で自分(=織田信長)がもうすぐ死ぬ運命にあることを知る。

信長を狙う敵は多い。

彼を怨んで暗殺の機を窺う秀吉(山田孝之)や、彼に嫉妬する本物の信長・明智光秀(小栗旬)も虎視眈々と彼の寝首をかこうと狙っていた。

光秀は、自ら信長の座を手放したにも関わらず、恒興(向井理)をはじめとする家臣の信頼や妻・帰蝶(柴咲コウ)の愛を勝ち得ているサブローに憎しみを抱くようになっていたのだ。

死が迫りくる中、信長は運命に抗い、生き抜こうと決意。

その思いの表れとして、帰蝶との結婚式を企画する。

その場所は京都・本能寺。

それを知った秀吉は、光秀に本能寺で信長を討つことを提案するのだった・・・。

刻一刻と戦況は激しくなっていく。信長は歴史を変え、平和な国を築くことができるのか!?

1582年、本能寺で彼を待ち受けるものとは・・・?

出典:http://nobunaga-concerto-movie.com/

【スポンサードリンク】

結末ネタバレ

映画「信長協奏曲」のあらすじとキャストを紹介したので、最後に結末の予想ネタバレを以下に紹介しよう。

・ネタバレ予想

映画を試写会で観た人からは、かなり高評価だったらしい。

サブローは、信長となっており歴史上の死を恐れていたが結果的に死なないとのことだった。

そのため、最終的に死に至るのは光秀になり替わった本物の「信長」なのではないだろうか。

また、映画レビューにおいても「こういう風に終わるんだ!」「ドラマからモヤモヤしていた人はスッキリするだろう!」という声がある。

また、サブローは長年過去を生き抜いてきたがまた現代へ戻って終わるという結末なのではないかと。

人によっては、意外な結末という捉え方が多いみたいなのでサブローは無事だが現代に戻ってしまい、また過去に戻りたいという想いを持ってラスト結末を迎えるのではないだろうか。

少なくとも、信長協奏曲は本当の完結を迎えたということだ。

【スポンサードリンク】