残穢(ざんえ)映画のネタバレとあらすじ!結末で「意味」がわかる

映画「残穢(ざんえ)」が公開されて、意味も含めて話題になっている。

ネタバレやあらすじ、タイトルの意味など気になる人も多いのではないだろうか。

ここでは映画「残穢(ざんえ)」のあらすじや結末のネタバレを公開するので参考にしてもらえればと思う。

【スポンサードリンク】

あらすじ紹介

「残穢(ざんえ)」のネタバレとあらすじについて、まずは以下にあらすじを紹介しよう。

・あらすじ

小説家である「私」(竹内結子)のもとに、女子大生の久保さん(橋本愛)という読者から、1通の手紙が届く。

「今住んでいる部屋で、奇妙な“音”がするんです」好奇心を抑えられず、調査を開始する「私」と久保さん。

すると、そのマンションの過去の住人たちが、引っ越し先で、自殺や心中、殺人など、数々の事件を引き起こしていた事実が浮かび上がる。

彼らはなぜ、“音”のするその「部屋」ではなく、別々の「場所」で、不幸な末路をたどったのか。

「私」と久保さんは、作家の平岡芳明(佐々木蔵之介)、心霊マニアの青年・三澤徹夫(坂口健太郎)、そして「私」の夫・直人(滝藤賢一)らの協力を得て、ついに数十年の時を経た、壮大なる戦慄の真相に辿り着く。

だがそれは、新たなる事件の序章に過ぎなかった―。

すべての事件をつなぐ【穢れ】の正体とは?

予定調和を許さない驚愕のラストまで、目が離せない。

出典:http://zang-e.jp/

【スポンサードリンク】

ストーリーネタバレ

「残穢(ざんえ)」のあらすじを紹介したので、原作小説もあることなので結末までのネタバレを公開しよう。

・ネタバレ(原作ベース)

奇妙な音に関して久保の証言を参考にして推測していくと、「私」は音の原因は「和服を着た状態での首つり」であると考えた。

しかし、不動産会社に過去事例をあたってみるもそういったことはないとのことだった。

困惑するが、実は「私」のもとには過去に同じ「岡崎マンション」の住人だった人物からの読者相談があったことに気付いた。

その人物・屋嶋は401号室に住んでいたことがあった。

また、203号室でも住人の転居が続いているという。

「私」と久保は、この奇妙な現象には土地の歴史が関係しているのかもしれないと考えてみた。

岡崎マンションが立つ前は、この土地は小井戸家というゴミ屋敷で有名だったことがあり、その住人はこのゴミ屋敷の中で死亡していた経緯があるらしい。

男がなぜゴミ屋敷をつくったのかと「私」は推測してみると、怪奇現象の音が原因だったのではないかと。

そんな折、「私」は元岡崎マンションの住人の屋敷から重要な情報を2つ入手した。

一つ目は、屋嶋が体験した心霊現象が「赤ん坊の声」だったこと。

二つ目は、近所の岡崎団地に住む鈴木という人物が「首つりの和装女」現象を体験しているということ。

「首つり女と赤ん坊」と、ヒントが2つ増えて現象は岡崎マンション以外でも起こっていることもわかった。

「私」と久保は、歴史にヒントが隠されていると強く感じさらに昔のことを調査してみた。

ゴミ屋敷の小井戸家よりさらにその前には、高野家が住んでいた。

高野家では妻のトシヱが、娘である礼子の結婚式の直後に和服姿で首を吊っていたことが判明した。

久保が見た心霊現象の正体は「トシヱの首つり」である可能性が高くなった。

このトシヱの首吊りの理由は2つあった。

娘の礼子は、当時の世間の認識としては「貞操観念が薄い」と言われる女性であったため、相手の男とは「不純交際」として妊娠・堕胎していたと推測される。

そのため、母親であるトシヱは罪悪感と羞恥心でひどく苦しんだ。

もう一つの理由は、心霊現象の「赤ん坊の泣き声」。

トシヱも同じく赤ん坊の泣き声に苦しんでいて、精神的にひどくもろい状態にあったのだという。

首つり時は精神が壊れてしまっていたのであろう。

「赤ん坊」の正体は礼子が堕胎した子供であると「私」は考え、他の赤ん坊も関係あるという推測をした。

さらに調査を続けていると、高野家のさらに以前のその土地には長屋があり、そこには中村美佐緒という女性が住んでいた。

中村美佐緒は貞操観念の低い女性で、子どもを出産してはわが子の命を絶つという残酷なことをしてきたのだった。

一連の「赤ん坊の泣き声」の正体はこれにより判明した。

そして「私」はこう考えた。

一連の現象の原因は「触穢」(穢れに触れると、その穢れが伝染する)なのではないかと。

「不幸」や「怪奇現象」の原因となる「穢れ」は現在に至っても広がり続けているのではないだろうか。

さらに歴史をさかのぼり、大正時代まで調査した。

そこには資産家である吉兼家の屋敷があったのだ。

吉兼家の息子である友三郎は精神的に問題があり、座敷牢に閉じ込められていたという。

他にも吉兼家には不幸が続いたそうだが、それはいずれも友三郎の継母である三喜が嫁いできてからのことだった。

三喜は、嫁入り道具として奇妙な美人画を実家から持ってきていた事実があった。

「私」は吉兼家の不幸はその画が原因なのではないかと考え、「穢れ」の大元は三喜の実家である九州福岡県の奥山家にあると推測した。

奥山家は炭鉱を経営する資産家だったが、借金ですべての人生が台無しになったことで主人が家族もろとも無理心中していた。

現在では、奥山家の炭鉱跡地は心霊スポットになっており、奥山家跡地でも不幸が頻発しているという。

さらには奥山家の解体された部材を買い取った家までもが怪奇現象にあっているとのこと。

また、奥山家の子孫にも、代々不幸が相次いでいることもわかった。

「私」は「穢れの震源地」が奥山家であると確信し、一連の調査を終了した。

久保は現在は岡崎マンションから引っ越し、何事もなくすごしている。

しかし、これだけのことを調べて「私」や久保に何も起こらないのだろうか?

調査の結果、「穢」は残るものということがわかったのに。

実は「私」は少し首に違和感を感じていた。

しかし、薬で今は解消しているが。

「私」や久保が残穢の意味を理解するのは、これからではないだろうか・・・。

【スポンサードリンク】