福田真嗣、結婚や家族などWiki風に経歴を洗ってみた

福田真嗣という人物の結婚や家族などについて、wiki的に扱ってみようと思う。

とういのも、腸内細菌の分野で世界的に注目を集めている話題の人物なのだ。

経歴を追いながら、福田真嗣についてフォーカスを当ててみたいと思う。

【スポンサードリンク】

福田真嗣について

福田真嗣が腸内細菌の分野でかなりの注目度になってきている一方で、結婚して嫁や子供がいるのかなど家族に関しての関心も高くなってきている。

Wikiがないので、経歴を追ってみると結構すごい・・。

1977年10月15日生まれ。

茨城県水戸市出身で、趣味は読書に加えてビリヤードとダーツという比較的アクティブな一面も持っている。

出身大学は明治大学なので、大学の学歴としてはまあまあ良い方かなといった感じ。

そして面白いのが、「好きなモノ:バクテリア」。

やはりこれだけ腸内細菌の分野で活躍しているので好きなもの=仕事という図式になるわけだ。

ちなみに、現在は慶應大学の先端生命科学研究所の特任准教授という、なんか一言でいえないで噛んでしまいそうな肩書だが要は准教授なのですごい人なのである。

しかも、普通は特任教授とかって50代とか結構年をとっている人がなるものだけどこの人まだ30代なのだ。

30代で特任教授になるのは、一般企業でいうと30代で役員になるようなものではないかと。

さらに、出身の明治大学では博士課程も修了しているので研究の分野では相当な逸材だということがわかる。

そして、博士号を取得した後はあの小保方さんがいた理研に就職して成功をおさめたのである。

理研に就職するというのは、研究職の憧れの存在だが相当な狭き門。

そして入った後も研究成果を出さないとクビにされるということもありながら、福田真嗣は世界的な科学雑誌である「Nature」に研究成果が発表されたのである。

ここまでくると、この人のすごさがわかるなと。

【スポンサードリンク】

肝心のプライベートは

さて、wiki的経歴を紹介したがこんなすごい人である福田真嗣には嫁や子供などの家族はいるのだろうか。

調べてみたが、結婚などしているという情報は見当たらなかったので現在は独身である可能性が高い。

まだ30代ということを考えると、今は働き盛りで研究こそが自分の愛するものだという認識になっているのかもしれない。

しかし、趣味のダーツはビリヤードとかから想像すると結構モテているんじゃないだろうか。

ルックスも、暗い感じではなくむしろ明るい人なので結婚したい人は山ほどいるんじゃないだろうか。

腸内細菌に関しては、今後の発達は安心できるなと。

【スポンサードリンク】
CATEGORY :