鹿児島実業高校野球部のメンバーと出身中学!2016年春の選抜高校野球

2016年春の選抜高校野球は、夏の甲子園と同じくらい注目される大会だ。

ここでは、鹿児島実業高校野球部のメンバーと出身中学を紹介しよう。

また、このチームの攻撃力や投手力など大会における見所についても触れているので参考にしてもらえればと思う。

【スポンサードリンク】

メンバーと出身中学一覧

「春の選抜高校野球2016」における鹿児島実業高校野球部のメンバーと出身中学は以下の通りである。

木村勇斗:3年 外野手 始良市立加治木中  
加川由伸:3年 左翼手 西之表市立種子島中  
丸山拓也:3年 投手 霧島市立霧島中  
白澤雄隆:3年 内野手 いちき串木野市立串木野中  
追立壮輝:3年 中堅手 鹿児島市立城西中  
井戸田貴也:3年 捕手 愛知県名古屋市立天白中  
山内祐也:3年 内野手 曽於市立財部中  
西野友晴:3年 右翼手 鹿児島市立鴨池中  
綿屋樹:3年 一塁手 薩摩川市立川内南中  
土井剛太:3年 内野手 福岡県福岡市立宮竹中  
谷村拓哉:3年 投手 始良市立加治木中  
板越夕桂:3年 二塁手 曽於市立財部中  
坂上泰河:3年 外野手 いちき串木野市立串木野中  
泰厚志:3年 投手 枕崎市立枕崎中  
吉岡大晟:3年 三塁手 鹿児島市立谷山中  
西村大智:3年 外野手 西之表市立種子島中  
中村天:3年 捕手 指宿市立南指宿中 
井戸田智也:2年 遊撃手 愛知県名古屋市立天白中
  

以上が「春の選抜高校野球2016」の鹿児島実業高校野球部のメンバーと出身中学になる。

続いて、チームの今大会の展望について触れてみよう。

【スポンサードリンク】

チームとしての総合力

「春の選抜高校野球2016」の鹿児島実業高校野球部のメンバーと出身中学を上記で紹介した上でチームの総合力について言及したいと思う。

昨年夏に続く2季連続の甲子園出場となる。

昨年夏の甲子園でも四番だった綿屋をはじめ、板越、追立が出場し捕手の井戸田貴がベンチ入り。

夏は開会式直後の開幕試合で大勝した。

大舞台の経験が今回も生きそうだ。

強力打線で打ち勝ってきたイメージが強いが、投手を中心とした固い守備がそれを支えている。

「決してきれいではないが守ってくれる。どんな局面でも堂々としている」というのが宮下監督の守備の評価。

準決勝の海星戦では、初回に4点を先制しながら逆転負けを喫した。

相手の勢いを断ち切れる力がつけば、前回出場した2011年のベスト8を超えるような上位進出も見えてきそうだ。

注目選手は、エースピッチャーの丸山。

また丸山と交互に先発のマウンドにたっている谷村も注目。

球速は130キロ前後だが、低めの制球が良くキレのあるスライダーが大きな武器。

攻撃陣は、試合ごとに打順が変わる「日替わり打線」を採用しており今大会でも多くの選手が打線にたって活躍しそうだ。

【スポンサードリンク】
CATEGORY :