日南学園高校野球部のメンバーと出身中学!2016年春の選抜高校野球

2016年春の選抜高校野球は、夏の甲子園と同じくらい注目される大会だ。

ここでは、日南学園高校野球部のメンバーと出身中学を紹介しよう。

また、このチームの攻撃力や投手力など大会における見所についても触れているので参考にしてもらえればと思う。

【スポンサードリンク】

メンバーと出身中学一覧

「春の選抜高校野球2016」における日南学園高校野球部のメンバーと出身中学は以下の通りである。

石田光:3年 内野手 大阪市立友渕中  
益田海成:3年 左翼手 都城市立妻ヶ丘中  
森山玄暉:3年 投手 都城市立五十市中  
黒川大雅:3年 内野手 奈良県河合町立河合第一中  
長原拓海:3年 中堅手 大阪市立夕陽丘中  
萩原哲:3年 捕手 京都府宇治市立木幡中  
黒木健登:3年 内野手 滋賀県大津市立真野中  
濱本樹:3年 右翼手 大阪市立豊崎中  
松田智樹:3年 一塁手 小林市立小林中  
秋草貴嗣:3年 内野手 大阪市立井高野中  
上野椋太:2年 投手 大阪市立城陽中  
前田尚輝:3年 二塁手 日南市立東郷中  
道上武留:3年 外野手 和歌山県新宮市立緑丘中  
箕尾陸:3年 投手 日南市立吾田中  
芳賀憲伸:2年 三塁手 大分県宇佐市立長洲中  
宮本紘汰:3年 外野手 鹿児島県湧水町立栗野中  
山崎将来:3年 捕手 大阪府私立東海大仰星中 
石嶋友翔:3年 遊撃手 新富町立富田中
  

以上が「春の選抜高校野球2016」の日南学園高校野球部のメンバーと出身中学になる。

続いて、チームの今大会の展望について触れてみよう。

【スポンサードリンク】

チームとしての総合力

「春の選抜高校野球2016」の日南学園高校野球部のメンバーと出身中学を上記で紹介した上でチームの総合力について言及したいと思う。

昨年秋の九州大会のベンチ入りメンバーは180センチ以上の選手はおらず、全体的に小粒という印象がある。

それでも投打にうまくまとまり、九州大会ベスト8入りはよく勝ち進んだと金川監督も評価している。

冬はスピードアップとパワーアップを目標に設定し、陸上メニューなどトレーニングにしっかりと励んできた。

課題は守備。

秋の大会では、失策がピンチや失点に絡むことも多く、守備の強化に取り組んでいる。

チームは2007年の夏を最後に甲子園で勝利がなく、特に選抜ではベスト8入りした1999年以来勝っていない。

初戦突破で勢いをつけ、一気に上位を目指したい。

注目の選手は、投手でエースの左腕・森山だろう。

主将も務め、チームの精神的支柱になっている。

打撃力は、長打を絡めて上位、下位打線どこからでも点がとれるところが強みだろう。

特に、三番の前田、四番の益田、五番の濱本の中軸が強力なところに注目したい。

【スポンサードリンク】
CATEGORY :