小豆島高校野球部のメンバーと出身中学!2016年春の選抜高校野球

2016年春の選抜高校野球は、夏の甲子園と同じくらい注目される大会だ。

ここでは、小豆島高校野球部のメンバーと出身中学を紹介しよう。

また、このチームの攻撃力や投手力など大会における見所についても触れているので参考にしてもらえればと思う。

【スポンサードリンク】

メンバーと出身中学一覧

「春の選抜高校野球2016」における小豆島高校野球部のメンバーと出身中学は以下の通りである。

古郷悠希:2年 外野手 小豆島町立小豆島中  
宝来彰太:2年 左翼手 小豆島町立小豆島中 
長谷川大矩:3年 投手 小豆島町立小内海中 
濱本流永:2年 捕手 小豆島町立小豆島中 
阪倉直貴:3年 中堅手 小豆島町立小内海中 
植松裕貴:3年 捕手 小豆島町立小内海中 
平見悠馬:2年 投手 小豆島町立小豆島中 
下地潤哉:3年 右翼手 土庄町立土庄中 
石川生強:3年 一塁手 土庄町立土庄中 
大澤功章:2年 内野手 小豆島町立小豆島中 
河原愛都:3年 外野手 小豆島町立小内海中 
坂口大和:2年 二塁手 小豆島町立小豆島中
田口誠:2年 投手 小豆島町立小豆島中 
宮本竜護:2年 内野手 小豆島町立小豆島中 
須藤功巳:3年 三塁手 土庄町立土庄中 
徳山功:2年 内野手 小豆島町立小豆島中  
樋本尚也:3年 遊撃手 土庄町立土庄中
 

以上が「春の選抜高校野球2016」の小豆島高校野球部のメンバーと出身中学になる。

続いて、チームの今大会の展望について触れてみよう。

【スポンサードリンク】

チームとしての総合力

「春の選抜高校野球2016」の小豆島高校野球部のメンバーと出身中学を上記で紹介した上でチームの総合力について言及したいと思う。

杉吉監督が常々言い続けている小豆島高のカラーは「投手を中心とした守り勝つ野球」だ。

10点取って0点に抑えるのが一番いいが、基本はロースコアの接戦になる。

自分たちの野球を確立しないといけない。

接戦に勝てるようなチームにしたいと監督は語る。

もう一つの「小高」らしさは、積極的に果敢なチャレンジをすること。

試合のなかでも選手たちが自主的にミーティングを行い「次の一手」を考える。

これまでやってきた野球ができれば、大きな波に乗るのではないか。

小豆島からは初の甲子園出場となる。

島を出た人たちもアルプスに集まる。

大応援団はきっと、心強い味方になるはずだ。

注目の選手は、エース左腕の長谷川が文字通りの大黒柱だ。

昨年秋の大会では防御率0.94の好成績を残している。

また、攻撃陣では左を3人並べるクリーンアップが得点源。

犠打を絡めてチャンスを広げ、三番の長谷川、四番の植松、五番の石川の連打による大量得点が期待できそうだ。

【スポンサードリンク】
CATEGORY :