リオ五輪女子サッカーアジア最終予選の速報結果と順位

2月29日から開幕するリオ五輪女子サッカーアジア最終予選の速報結果と順位をお送りしています。

なでしこジャパンは2011年ワールドカップで悲願の優勝、ロンドン五輪では銀メダルと世界のトップクラスではあるが、当時の大黒柱だった澤が引退して他のメンバーの顔触れも変わっている新チームとなっているのでアジア最終予選も油断はできない。

ここでは、男子に続いてリオ五輪女子サッカーのアジア最終予選の速報結果と順位をお伝えし男女ともにリオ五輪への切符をつかめるのか湧いていきたいと思う。

【スポンサードリンク】

アジア最終予選の日程と結果

リオ五輪女子サッカーアジア最終予選の速報結果と順位については以下の通りである。

2月29日:日本 1-3 オーストラリア

3月2日:日本 1-1 韓国

3月4日:日本 1-2 中国

3月7日:日本 vs ベトナム

3月9日:日本 vs 北朝鮮

順位

1位:オーストラリア(勝ち点:9)
2位:中国(勝ち点:7)
3位:北朝鮮(勝ち点:5)
4位:韓国(勝ち点:2)
5位:日本(勝ち点:1)
6位:ベトナム(勝ち点:0)

※3月4日時点の順位

以上がリオ五輪女子サッカーアジア最終予選の速報結果と順位になる。

また、以下のリオ五輪へのアジア枠や予選の方式、他国のランクなども参考に結果を知ると面白いと思う。

【スポンサードリンク】

予選の方式と他国のランク

女子サッカーのアジア最終予選においては、上記の通り6か国が総当たりで1回ずつ試合をして上位2か国のみがリオ五輪への切符を得る。

冒頭でも触れたが、日本はワールドカップで世界一になり前回のオリンピックでも準優勝しているのだから楽勝ではないかと思われるがそんなことはない。

佐々木監督のなでしこジャパンというのは変わっていないが、あのレジェンド澤が引退してからチーム力が落ちたのは否めない。

そのため、これまでの親善試合や公式試合でもアジア相手に不安定な結果を残している。

ただそれでも日本がアジア予選において力関係は上なのは事実だろう。

現状の世界ランキングでは、日本が4位でアジア最上位なのだが北朝鮮が6位と肉薄している。

また、9位にオーストラリアもいる。

中国が17位で韓国は18位、ベトナムは29位となっている。

そのため、アジアの枠が3枠だったらほぼ間違いないと思えるのだが北朝鮮とオーストラリアが最大の難関である。

特に、初戦がオーストラリアでいきなりの天王山なのでここで負けると精神的に以降のパフォーマンスが落ちる可能性がある。

また、日本の最後の試合がアジア最大の宿敵北朝鮮なので最終戦まで五輪出場は決まらない可能性も高い。

日本、北朝鮮、オーストラリアの3か国の争いになる可能性がある。

【スポンサードリンク】
CATEGORY :