びわ湖毎日マラソン2016の招待選手!出場選手が豪華すぎてやばい・・

東京マラソンが終わり、男子にとっては最後のリオ五輪出場へのチャンスとなるびわ湖毎日マラソン2016。

ここでは豪華すぎる招待選手と有力な一般出場選手を紹介しよう。

東京マラソンでは、男子はお互いけん制しすぎて低調なタイムに終わってしまったということからこのびわ湖毎日マラソン2016がより重要で各選手も燃えているだろう。

【スポンサードリンク】

招待選手を紹介

びわ湖毎日マラソン2016の招待選手として出場する外国人と日本人選手をそれぞれ以下に紹介しよう。

海外招待選手
※左から順に名前、年齢、国籍、自己最高記録、主な大会成績

・タデセ トラ (28) エチオピア 2:04:49 2013 ドバイ 3位
・ルーカス ロティッチ (25) ケニア 2:07:17 2015 ハンブルグ 1位
・ヘンリク ゾスト (34) ポーランド 2:07:39 2012 びわ湖毎日 2位
・シュラ キタタ (19) エチオピア 2:08:53 2015 上海 3位
・ムニョ ソロモン
・ムタイ (23) ウガンダ 2:10:42 2015 ハノーバー 4位
・アルフォンス フェリクス シンブ (24) タンザニア 2:12:01 2015 ゴールドコースト 6位

日本人招待選手
※左から順に名前、年齢、所属、自己最高記録、主な大会成績

・セルオド バトオチル (34) NTN/モンゴル 2:08:50 2014 福岡国際 3位
・酒井 将規 (29) 九電工 2:09:10 2014 東京 12位
・石川 末廣 (36) Honda 2:09:10 2013 びわ湖毎日 6位
・足立 知弥 (30) 旭化成 2:09:59 2014 福岡国際 5位
・前田 和浩 (34) 九電工 2:08:00 2013 東京 4位
・中本 健太郎 (33) 安川電機 2:08:35 2013 別府大分 2位

以上がびわ湖毎日マラソン2016の招待選手であるがかなり豪華だ・・。

東京マラソンで走っていた選手もいて今大会も盛り上がりそうだ。

【スポンサードリンク】

一般出場選手で有力なのは・・

びわ湖毎日マラソン2016に出場する招待選手を紹介したので、最後に一般出場で有力な選手を紹介しよう。

やはり、一番の注目は川内優輝だろう。

日本陸上連盟によるリオ五輪の選考基準において、複数の選考対象レースに出場した場合は最初に出場したレースのみとなっている。

そのため、すでに川内が出場した福岡国際マラソンでは2時間12分48秒という残念な結果に終わってしまっているため今大会で2時間10分を切る走りをしても代表内定の可能性は限りなく薄いのだ。

ただ、例外があり日本陸連は派遣設定タイムの2時間6分30秒を切った選手に関しては優先的にリオ五輪に出場させる方針がある。

しかし、川内としては「2時間10分を切るかどうか」とすでに発言しておりリオ五輪は事実上断念しているようだ。

それよりも、今大会はしっかり走ることに専念してむしろ世界陸上の出場権獲得を見据えているようだ。

しかし、これで仮に陸連の派遣タイムを切るようなサプライズがあれば川内はどうするのだろうかという期待もあるので見逃せない大会になるだろう。

【スポンサードリンク】
CATEGORY :