亀梨和也、実家の父親と母親との感動エピソード

KAT-TUNの中核メンバーとして長年グループを引っ張ってきている亀梨和也。

3人になった今でも、亀梨君さえいれば屋台骨は揺るがないと思う。

上田と一緒に司会をやっている「Going!」でも、自分が野球をやっていた経験から実際に野球選手に取材にいったり投球についての研究もしたりと大活躍。

く~、このサラリーマン風の感じもかっこいい~!

また、2018年現在も相変わらずドラマなどでも主演を務めており「ボク、運命の人です」や「ファイナルカット」などでは一人でなんでもできてしまうんじゃないかという気にもさせられる。

今回は、そんな亀梨和也の実家の父親や母親、それにお兄さんや自身の近年の活躍について紹介していこう。

【スポンサードリンク】

お兄さんがいて自衛官なのか

ファンなら知っている人もいると思うが、亀梨和也には実家の父親と母親だけでなく兄がいるのだ。

お兄さんは自衛官をしているという話らしい。

自衛官というと、規律の取れた寮に入って年間を通じて厳しい訓練を積んでしっかりした人格形成と武術や剣術を学ぶ。

もちろん、有事の際はお兄さんらが人命の救出などにもあたるので亀梨君の男気のあるイメージにも似ているといえよう。

そして雑誌で、亀梨君は家族について話していた。

いつも家族に感謝することを忘れないこと大事にしているというのだ。

亀梨君ファンからしたら、素晴らしくリスペクトできるような発言。

個人的にはKAT-TUNは好きで亀梨君はやはりイケメンでちょっと笑いもおこせるので好きだ。

映画やドラマの演技などを見ていると、コメディからシリアスまでなんでもできてしまう。

なので、こういった雑誌で語ったエピソードを聞くと好感度がさらに上がる。

兄は、昔から亀梨君を助けてくれるヒーローのような存在だったらしい。

弟が硬派なアイドルで兄が自衛官というのは両親からしたらかなり「堅い」自慢のできる息子なのではないか。

以前に彼がジャニーズに入るか自分の打ち込んでいる野球のどちらを選ぶか迷っているときも兄の助言でジャニーズ入りを決意した側面もあるということらしい。

自分の好きなことをやるのが一番。

でも、ジャニーズにはなかなか入れるものじゃない。

だから、自分の選びたい道を素直に選ぶのが一番よいと。

お兄さんは実家にはいないみたいだが、たまに帰ってきてテレビとかの接続をしたりしてやはり家族思いのようだ。

【スポンサードリンク】

感動エピソードがある!?

亀梨和也は雑誌は兄だけではなく、実家の父親と母親についても語っていた。

ジャニーズの中でも、特に人気ピラミッドの最上位格にいる存在なので実家の住所とか引っ越しとかが話題になったりもするが当然ながら本当のファンはそんなことを真剣に調べたりはしないだろう。

で、語っていた内容はやはり感謝しきれないといった趣旨の発言だ。

疲れて帰ってきても、いつも息子のことを考えてご飯を作ってくれる。

当たり前のようだが、亀梨君にとってはこれがすごくありがたい。

父親は、比較的寡黙な方らしいのだが彼には父の背中がまぶしく見えるのだそうだ。

実家では、父親と母親の職業が農業を営んでいるという情報もあるようだが現在もやっているのだろうか。

それに支えられて今までも苦難はあったけど乗り越えてきた。

常に自分をサポートしてくれる両親への感謝をありのままに雑誌で答えていたそうだ。

正直、実家の父も母もKAT-TUNのメンバーが段々と減っていくことに対して心配な気持ちはあるんじゃないか。

しかしそれでも、亀梨君が頑張っている限りはきっと大丈夫。

周りの人が思っているように、家族はもっと信じているのだろう。

KAT-TUNが3人になって、亀梨和也はソロに移行しちゃっても売れるような気がするがチームにこだわっている。

野球をやっていたからこそ、人数が減っていっても最後までチームを崩したくないのではないか。

男気を感じるね、亀梨君。

2018年もプロ野球中継のスペシャルサポーターに選ばれたことを考えると、プロ野球界からも相当認められているアイドルということになる。

両親の事も常に考えながら、結婚をいつしてもおかしくない年齢なのでその際は家族みんなで大きくお祝いすることになるだろうね!

【スポンサードリンク】
CATEGORY :