長島三奈と確執があるのは父親ではなく兄の「長島一茂」

長島三奈と長島一茂、お互いに確執があるという話は本当らしい。

あの終身名誉監督である長島茂雄、そしてその長男である長島一茂は有名だが、長島三奈という娘の存在を知らなかった人も多いのではないか。

そこで今回は、長島三奈と兄の確執を中心に語っていきたい。

【スポンサードリンク】

意外と知られていない長島三奈の存在

長島一家は、長島三奈と確執があると言われている長男の長島一茂がよくテレビでコメンテーターやバラエティに出演しているので比較的有名だが他の家族についてはあまり馴染みがない人も多い。

実際に、自分も長島茂雄に娘がいたということは知らなかった。

娘である長島三奈を簡単に紹介すると、1968年6月3日生まれでスポーツキャスターとして活躍している。

現在は47歳だが、結婚したり彼氏がいるという話はあまり聞かない。

スポーツキャスターとしては以前はテレビ朝日のスポーツ局で記者として仕事していたが現在はフリーになっているようだ。

また、驚くことに長嶋茂雄の個人事務所である「株式会社オフィスエヌ」の社長を務めている。

やはり長嶋茂雄という人物にはそれだけ「資産価値」があるということなのだろう。

あまり知られていなかったのは、やはりアナウンサーではなく記者という立場なのであまりテレビに頻繁に出演するという職業ではなかったせいだろう。

しかし、長島三奈は「熱闘甲子園」でメインキャスターを務めていたので高校野球好きの人の間では知られていた存在であったのだろう。

【スポンサードリンク】

子供たちの確執に父親である長島茂雄も頭を抱えている

そもそも、ずっと昔から気になっていたのだが自分は長男の長島一茂が父親と確執があると思っていた。

というのは、一茂氏がテレビで出演するようになってからほとんど父親である茂雄氏のことをしゃべらないからだ。

しかしこれは、単に親の七光りを使いたくないということなのかもしれない。

実際には長島三奈と一茂氏に確執があるというのが濃厚なのだから。

では何が原因で確執があるのか?

それは、噂によるとやはり「資産絡み」である。

話によると昔、兄の一茂氏が家族に断わりを入れずに長嶋茂雄の資産を一部売却して金を得ていたということなのだ。

これについては一茂氏は、父親のものだから長男である自分がどう処分しようと自由だという論理で茂雄氏の資産を売却したことがあり、これに納得がいかなかったのが長島三奈とうことらしい。

以来、2人の間で確執が生まれたと言われているがやはり「金」だったのかと思うとなんかせつない気がする。

これについては長島茂雄氏も子供同士の確執には頭を抱えていると聞く。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*