叡古教授の事件簿のネタバレとあらすじ、キャスト!結末が意外

「叡古教授の事件簿」がスペシャルドラマとして放送される。

ネタバレやあらすじ、キャストなど気になる人も多いのではないだろうか。

ここではドラマ「叡古教授の事件簿」のキャストから始まり、あらすじや結末のネタバレを公開するので参考にしてもらえればと思う。

【スポンサードリンク】

キャストとあらすじ

叡古教授の事件簿のネタバレとあらすじ、キャストについてまずは以下のキャストから紹介しよう。

・キャスト

宇野辺 叡古(うのべ・えいこ):藤木 直人
南波 陽人(なんば・はると):田中 直樹
宇野辺:さくら子(うのべ・さくらこ):清水 富美加
阿蘇 藤太(あそ・とうた):白洲 迅
川添 徳治(かわぞえ・とくじ):宇梶 剛士
戸村 麻美(とむら・あさみ):浅野 ゆう子
五十嵐 修(いがらし・おさむ):武田 鉄矢

以上が主要キャストになる。

続いて、あらすじも紹介しよう。

・あらすじ

捜査のたびにヘマばかりやらかしている警視庁捜査一課の刑事・南波陽人(田中直樹)はある日、捜査一課長・五十嵐修(武田鉄矢)に呼び出される。

なんでも、南波の母校である帝都大学の法学部教授に『犯罪捜査百年史』なる本の監修を頼んでいたが、制作中止になってしまったため、謝罪に行ってほしいというのだ。

南波は「こんなことをするために刑事になったわけじゃない…」と不本意ながらも、手土産を片手に帝都大学へ。

だが、そこで思いがけない事件に遭遇する。

次期学長候補だった医学部教授・高寺保の遺体が、講堂で見つかったのだ!

しかも、高寺の遺体は舞台の天井からロープで吊るされ、どん帳には謎の数字を羅列した暗号が残されていた…。

そんな不可解極まりない事件現場へ、興味深げに「この事件には物語がありそうだ」とつぶやく男が姿を現す。

その男こそは南波が会いに行った人物――地球上のあらゆる学問に精通する文系の天才で、「知の巨人」の異名を取る宇野辺叡古(藤木直人)だった!

南波ら捜査一課はさっそく捜査を開始。その矢先、あろうことか事件現場から叡古が愛用しているパイプ用のタバコの葉が見つかる! 

どうやら犯人は叡古を犯人に仕立て上げようとしたらしい…。

一体なぜ犯人は事件を起こすに至り、さらには叡古を巻き込もうとしたのか!?

その“物語”を読み解こうと立ち上がった叡古は、助手の阿蘇藤太(白洲迅)とともに、暗号の解明に着手。

一方、捜査一課は容疑者として副学長・戸村麻美(浅野ゆう子)ら、被害者と次期学長の座を争っていた大学関係者たちにも目を付けるが、捜査は難航し…。

事件の早期解決を目指し、五十嵐は叡古を捜査アドバイザーに任命。

捜査一課係長・川添徳治(宇梶剛士)からお目付け役を命じられた南波は、しぶしぶ叡古と行動を共にする。

そんな中、帝都大学内で第二の教授殺害事件が発生!

しかも、現場にはまたしても謎の暗号が残されており…。

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/eco/

【スポンサードリンク】

結末ネタバレ

叡古教授の事件簿のあらすじとキャストを紹介したので、最後に結末のネタバレを以下に紹介しよう。

このドラマは原作小説があるので結末も同じような展開になるだろう。

・ネタバレ

結末では、阿蘇藤太の正体が明らかになる。

彼の正体は、歴史上の重要人物であった。

当時の外務大臣で重光葵という名前であり、太平洋戦争に関する降伏文書に署名した人物だったのだ。

すなわち、今回の殺人事件が起きた段階ではまだここまでの大物にはなっていなかったが後の太平洋戦争で大きな役割を担う人物に出世したことを示唆していたのだった。

歴史上の人物と殺人事件の真相両方とも楽しめる作品となっていた。

ドラマでは、少し設定が変わっているかもしれないが重要人物の若かりし頃という点では同じだろう。

【スポンサードリンク】