又吉の印税はいくら?火花で得られる印税は1億2000万円か・・

今回は小説の印税がいくらぐらいかについて言及したいと思う。

というのもお笑い芸人「ピース」又吉の書いた小説「火花」が、芥川賞を受賞したことを受けて40万部緊急増刷することが決定したらしい。

これで、火花の発行部数は・・・なんと100万部突破!

小説で100万部って、どれだけすごいことかわかるだろうか。

小説は10万部いけばトップクラスと言われている中で、その10倍なのである。

音楽のミリオンセラーとはわけが違う。

実際、三島由紀夫賞を惜しくも逃した段階でも話題になっていたが、その時に自分が本屋に行ったときはちゃんと購入できる状態だった。

しかし、芥川賞を受賞した直後に同じ本屋に行ったら入荷待ちだった。

そして、アマゾンでも入荷待ちの状態だった(Kindleでは読めるので購入したが)。

それだけ社会現象的に又吉の小説が世の中に影響しているのだろう。

【スポンサードリンク】

火花の印税はいくらぐらいだろう

やはりこれだけ売れに売れていると気になってくるのが、「いくらぐらい印税が入ってくるのか?」ということである。

又吉自身には火花によってどのぐらい収入が入ってくるのか?

普通は小説の印税は「10%」程度である。

う~ん、印税って思ったよりも少ないなという印象だ。

今回の火花の定価は税抜きで1200円である。

ということは、一冊売れるたびに又吉には大体120円が入ってくる。

そして、現在のところでは100万部を丁度超えたぐらいなので100万冊売れると仮定すると・・・1億2000万円の印税!

金額だけで言うと、これはすごい!

しかし、個人的にはスーパー社会現象的に小説が売れまくっての金額ということを冷静に考えてみるとそんなに多くはないなと思った。

【スポンサードリンク】

さらに又吉の収入が増える現象が起こる

しかし、火花自体の売上による印税は「思った以上には多くはない」が、この本が売れたことによって又吉自身の価値が上がり、映画化とかの話も出ているので火花の影響で今後予想される収入はいくらぐらいにまで跳ね上がるのかは到底想像がつかない。

すでに1億円は得ることがほぼ確実となっているとは思うが、これによって又吉のテレビ出演のギャラがしばらくは「火花バブル」状態になって今までの2倍、3倍以上になることも予想されている。

芸能人効果というのはすごいものである。

純粋に小説だけを書いている人なら作品の印税が収入のほぼすべてだと思うが、又吉の場合はあくまでも芸人であるので今後は「先生」として出演する機会も多くなり1億円の収入どころではないと思うのだ。

もちろん、今回の現象は又吉が今まで貧乏な芸人生活時代を乗り越えてさらに芸人活動をやりながら時間のない中で小説を書いたという努力の結果だろう。

いや~、これからのテレビ出演が楽しみである。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*