64(ロクヨン)後編のネタバレ!映画結末は原作小説の先を行った

「64(ロクヨン)後編」がついに映画館で上映されるようになった。

ネタバレやあらすじ、キャストなど気になる人も多いのではないだろうか。

ここでは64(ロクヨン)後編のキャストから始まり、あらすじや結末のネタバレを公開するので参考にしてもらえればと思う。

【スポンサードリンク】

キャストとあらすじ

64(ロクヨン)後編のネタバレとあらすじ、キャストについてまずは以下のキャストから紹介しよう。

・キャスト

三上義信【みかみよしのぶ】 / 佐藤浩市
諏訪尚人【すわなおと】 / 綾野剛
美雲志織【みぐもしおり】 / 榮倉奈々
赤間【あかま】 / 滝藤賢一
二渡【ふたわたり】 / 仲村トオル 
荒木田【あらきだ】 / 奥田瑛二
松岡【まつおか】 / 三浦友和
三倉【みくら】 / 小澤征悦
落合【おちあい】 / 柄本佑
幸田一樹【こうだかずき】 / 吉岡秀隆
日吉【ひよし】 / 窪田正孝
辻内【つじうち】 / 椎名桔平
秋川【あきかわ】 / 瑛太
手嶋【てじま】 / 坂口健太郎
雨宮芳男【あめみやしげお】 / 永瀬正敏 
目崎正人【めざきまさと】 / 緒形直人
三上美那子【みかみみなこ】 / 夏川結衣
三上あゆみ【みかみあゆみ】 / 芳根京子

以上の豪華キャストで前編から続いている。

続いて、あらすじも紹介しよう。

・あらすじ

前編では、迷宮入りとなった当時の少女誘拐事件について真犯人を見つけられなかった刑事や遺族たちの想いが吹きあがっていた。

さらに、警察やメディアの確執や、警察内部での軋轢なども広がっていく。

そして起こったのは「ロクヨン」を模倣した誘拐事件。

14年前の事件を模倣していることで、当時の事件と明らかに関係があるのではないかという伏線が張られた。

前編では、佐藤浩市が演じる三上の周りで様々なことが起きそれが伏線となって後編につながっていった・・。

【スポンサードリンク】

結末ネタバレ

64(ロクヨン)後編のあらすじとキャストを紹介したので、最後に結末のネタバレを以下に紹介しよう。

このドラマは原作小説があるが、映画版はさらにその先を行っていた。

・ネタバレ

14年前の「ロクヨン」を模した誘拐事件が発生したことが、刑事時代に「ロクヨン」の捜査に関わった、今は警務部広報官の三上義信(佐藤浩市さん)の耳にも入る。

三上は、秘密裏に捜査を進める刑事部から情報を引き出そうと、かつての上司で、ロクヨンの捜査に共に関わった、今は捜査1課長の松岡勝俊(三浦友和さん)に近づく。

松岡からなんとか承諾を得た三上は、松岡らが乗る捜査指揮車に乗り込み、情報を部下の諏訪(綾野剛さん)らに流していく。

やがて捜査線上に、一人の人物が浮かび上がる。

その犯人は、かつての64(ロクヨン)事件の重要な当事者となっていたのだった・・。

三上は、結末で小説を超えたある行動をとることで衝撃をさらに与えたのだ。

【スポンサードリンク】