ストロベリームーンの意味と画像。2016年6月20日限定!

ストロベリームーンという現象をご存じだろうか。

2016年6月20日は、まさにストロベリームーンが拝めると言われている。

今回は、このストロベリームーンの意味と画像を紹介していきたい。

【スポンサードリンク】

ストロベリームーンとは

2016年6月20日に夜空を見ると、いつもより赤みを帯びた満月を観ることができる。

この赤みを帯びた状態が非常に貴重で「ストロベリームーン」と言われるようになった。

そして、これを観ることによって良い意味があるという。

ストロベリームーンは、もともと日本より欧米の方でそのように呼ばれるようになり特にイギリスやアメリカを中心にして話題になっていった。

なお、海外では「ローズムーン」とも言われたりして呼び方は若干違うようだ。

このストロベリームーンを好きな人と一緒に2人で見ると恋愛が成就するという縁起の良いものとして密かにブームになっている。

流れ星を見て願いをするようなものだろう。

しかも、流れ星と違って満月はすぐに終わらないのでゆっくりと拝むことができるため恋人同士や好きな人と一緒に見ていると本当にロマンチックな気分を長く楽しむことができる。

いつも満月は黄色がかっているのだが、この日だけは特別。

周りの湿度や気温の関係でストロベリー色に見えるという現象がたまたま訪れるという。

ただ、ストロベリームーンは月なので天気が悪い地域は見ることができないこともある。

なので、どういった色合いなのかは以下の画像で確認して参考にしてみよう。

【スポンサードリンク】

貴重なストロベリームーンの瞬間

以下がストロベリームーンの画像となっている。

画像を見ると、確かに「ストロベリー!!」な感じだ。

こういった満月を見る事ができると幸せな気分を少し感じることができるだろう。

これを見ることによって、「幸せになれる」という広義の意味合いもあるだろう。

2016年は6月20日がまさにその日だと言われているが、あとは天気次第だろう。

この日は、空を見上げてみるだけで貴重な体験をすることができるかもしれないのである意味では「棚ぼた」的なプチ幸せと言えるのではないだろうか。

残念ながら好きな人同士でなくとも、一人でもこのストロベリームーンを確認してみることをオススメしたい。

雨が降らなければいいが・・・天気は気まぐれだからどうなるだろうか。

月は、色んな現象があってかなりロマンチックだということは知っていたがこのストロベリームーンに関しては改めて感心した。

関連記事
・スーパームーン2016年11月の時間と方角!願い事や地震との怪しい関係

【スポンサードリンク】
CATEGORY :