香川真司、実家の父親と母親は垂水のマンション?うどん屋か焼肉屋経営も

サッカー日本代表のエースとして今や知らない人はいない香川真司。

そんな彼の実家は垂水のマンションだという噂を聞いた。

また、父親と母親がうどん屋か焼肉屋を経営しているのではないかという話もあったので、今回は家族のことについて焦点をあててみたいと思う。

香川真司はドイツに母親をよく呼ぶ?

サッカー日本代表で、ドイツの強豪であるドルトムントに所属している香川真司は絶大な人気を誇っている。

それは、日本だけでなくもちろんドイツでもだ。

一時期は、イングランドの強豪であるマンチェスターユナイテッドへ移籍したことでドイツ中が残念がっていたがまた古巣に戻ってきた。

香川としては、マンUでもっとプレーしたかっただろうがドルトムントに復帰した現在は相変わらず好調さを維持している。

とにかく、基本のプレーが群を抜いて巧い。

ボールを良い位置でもらって、トラップして、そしてシュートに行くまでのプロセスが非常にシンプルで精度が高いのが香川真司という選手の特徴だ。

と、技術的な話はさておいて香川はたまに母親をドイツに呼んで料理を作ってもらうことがあるのだという。

ドイツの食べ物は美味しいと言っているが、やはり母親の味は恋しくなるのだなと。

移籍した当初は母親が来ていたことを明かしていたので、慣れてきた現在ではあまり来ていないのかもしれない。

実家の父親と母親が垂水のマンションにいるという噂もあり、うどん屋か焼肉屋を経営しているのではというネット上での噂もあるが実際のところはどうなのだろうか。

うどん屋はデマだろう・・

まず、香川真司の実家の父親と母親が垂水のマンションに住んでいるのかどうかは定かではない。

また、うどん屋を経営しているのではないかということだがこれは明らかに「香川県」にかけているのではないか・・信憑性が薄すぎる。

ただ、焼肉屋を経営しているかもしれないというのはうどん屋に比べればまだあるかなという感じだ。

母親というよりは、父親がやっているのかもしれない。

香川を育てた両親の教育方針はどうだったのか。

香川真司自身が、かなりできた人なので父親も母親もかなりできた人なのではないかというのが十分うかがえる。

なんとなくのイメージだが、家族は仲が良さそうな感じだ。

ドイツのクラブチームと日本代表の両方で活躍するのは非常に大変だが、それができるのが日本の10番。

ワールドアップに向けて、さらに精度を高めていってほしい。

CATEGORY :