野田洋次郎、マキの死と吉高由里子との破局で悲惨すぎる件

吉高由里子とすでに破局している野田洋次郎だが、マキという一般女性とも交際していたことがあった。

しかし、マキは死亡したのではないかと言われており吉高由里子との破局よりも死ぬほどつらかったそうだ。

今回は、野田洋次郎が孤独のミュージシャンになっていった件について語ってみたいと思う。

吉高由里子とは二股の関係だった?

野田洋次郎、吉高由里子と破局したことは有名だが別れた理由としてはマキとの二股状態が続いていたことが原因だったのではないかと言われている。

しかし、吉高由里子と野田洋次郎の関係が始まったときはそうだったみたいだが、当時彼が付き合っていたのは臼田あさ美のはずだったという。

かなり女性に人気のある「RADWINPS」のボーカルなので、色んな女性が浮上してくるのも当然のこと。

マキや別の女性への想いを歌っていたとされる曲もあったかもしれない。

そのため、吉高由里子とマキ、そして臼田あさ美3人が入り混じってかなりカオスな雰囲気がするのだが・・。

ただ、女優2人に対して一般人であるマキが注目の的になっていたのはなぜなんだろうか。

それは、「マキさんの曲」ということで彼女への想いを歌った曲があるということでファンの間では有名だったらしいからだ。

ちなみに、死亡説が出ているのは彼の歌詞にそれを示唆する言葉が隠されていたからだという。

その歌詞が、「2秒前の自殺志願者を君は永久幸福論者に変えてくれたそんな君はもういない いない いない いないけど」

「この心臓にきみがいるんだよ 全身に向け脈を打つんだよ今日も生きて 今日も生きて そして今のままでいてと白血球 赤血球 その他諸々の愛を僕に送る」

単純に破局後に歌った歌とは思えない感じはする。

マキを神扱いしたことを考えると死亡説も信憑性が出て来る。

ただ、もし別れただけだったとしたらこの歌詞は本人にとっては複雑だよなと。

結局、マキが忘れられない・・

野田洋次郎、吉高由里子と破局したがマキとどちらを本当に愛していたのか。

やはり歌詞のことについて考えると吉高由里子と付き合っていても彼女のことは忘れられないという感じなのではないだろうか。

吉高由里子とは、路上で大ゲンカしていることもあったし。

そのため、穏やかな恋愛を求めるのであれば吉高由里子ではなく、マキの方になるんだろう。

マキさんが死亡してしまっているとしたら、そこはなかなかその上を行ける人はいないかもしれない。

吉高由里子と破局した原因は彼女が情緒不安定になって支えきれなくなったからと言っていたが彼自身も不安定な部分はあったのだと推察する。

CATEGORY :