台風12号進路予想米軍最新情報!27日には日本全土を直撃・・!

台風11号が去って梅雨も明けて暑い夏がやってきたと思ったら、今度は息つく暇もなく台風12号がやってくるよ。

米軍の最新情報をもとにして、進路予想図を見ながら今後の動向を追っていきたいと思う。

前回の台風11号ではなんだかんだで関東などの東日本は雨のぐらいの影響ですんだが、今度の台風12号は完全に日本全土に直撃コースなのでちゃんと進路予想図は見ておいた方がよいだろう。

【スポンサードリンク】

台風12号、27日までの台風予想進路

米軍最新情報に基づく台風12号(ハロラ)の進路は、ウェザーニュースの予想図を見てもらうのが一番わかりやすいと思う。

台風12号
出典:ウェザーニュース

25日ぐらいまでは日本の南の海上を少しずつ西へ進んでいきながら上方へ進出していっており、25日を境にいっきに日本の列島の天気は一変してくることになる。

この最新の進路予想図によると、26日には西日本を直撃、そして27日には北海道以外のほぼ日本のすべてにおいて台風の影響が大きく出ることが予想される。

もちろん、現在のところによると台風12号の進路シナリオは3つあり、西側に今後それていって台風の日本への影響があまりでないという予想もある。

また、その逆で早めに北上した後に予想より早く東日本へ急接近するというシナリオもあるみたいだ。

ただ、現状では進路予想図に写っている方向に進行していくシナリオが現時点では一番可能性が高いとのこと。

なので、25日ぐらいから早めに関東にも影響があるかもしれないので心の準備はしておいた方がよいだろう。

【スポンサードリンク】

台風11号と違うところは!?

ちなみに、米軍最新の台風12号進路予想をお伝えしたが前回の台風11号とは少し違ったことがある。

それは、「台風それ自体の規模は台風12号の方が若干小さい」ということだ。

今回は日本列島全体に進路予想が確実視されており直撃コースなので、そこは唯一の救いだろう。

それでも、予想通りならが日本の中心をズンズンと突き進んでいく形になるので相当「嵐に荒らされる」のではないだろうか。

少なくとも、台風を歓迎している人はまずいないだろう。

現在の熱帯夜が続く状態の中で、さらに台風ときたら2重苦である。

台風の日は仕事や学校が休みになるというシステムにならないものだろうか。

そういう日に勤務していても営業や力仕事などは相当非効率になってしまうと思うんだが・・・。

今後は、しばらくは傘を持ち歩くことを前提とした考えで外出した方がよさそうだ。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*