せいせいするほど愛してるの最終回ネタバレ!原作漫画とドラマ結末

ドラマ「せいせいするほど愛してる」の結末である最終回のネタバレを公開しています。

武井咲とタッキーという、超大物俳優同士の共演。

このドラマの内容を見逃した人や、観るほどではないが話や結末が気になると言う人もいるだろう。

今回は、「せいせいするほど愛してる」の最終回・結末のネタバレを参考にしてもらえればと思う。

せいせいするほど愛してるのストーリー

ドラマ「せいせいするほど愛してる」の最終回ネタバレについて、この作品は原作漫画が比較的好評で映像化するにあたってはかなり賛否を呼んだらしい。

最近では不倫系のドラマが多くなっており、この作品についても「似たようなものか」という評価になっているところも一部ではあるがこのドラマについてはちょっと毛並みが違う。

完全に女優としてブレイクして安定の武井咲が主演。

そして、正統派イケメンとして久々にメインキャストを飾る滝沢秀明。

主人公の武井咲が演じる栗原未亜が冒頭から婚約を破棄することになる。

そして、それを助けた滝沢秀明演じる三好海里がキスをして序盤から燃え上がる恋に陥るところはかなり圧巻である。

そして、2人の恋の行方がメインとなり結末へ向かっていく・・。

結末ネタバレ

ドラマ「せいせいするほど愛してる」の最終回ネタバレについて、原作漫画があるためドラマ最終回の結末も同じような感じになるだろう。

三好海里との恋は、不倫の関係だった。

海里には、奥さんがいたのだった。

しかし、訳あり。

海里との不倫を一旦は終わらせた未亜。

やはり、不倫は上手くいかないものなんだなと感じさせられる。

一時期は、愛していると海里にも言った未亜だったが奥さんに遠慮して会社も辞めてしまっていた。

海里の奥さんは事故で昏睡状態だった。

しかし、怪我がよくなり少しずつ回復していった。

そして、学生結婚だった2人だったので結婚式を挙げたいと言い出した奥さん。

その結婚式に、当日未亜も呼ばれた。

まさか、怒られたり訴えられるのかとびくびくして会場に向かっていった。

奥さんに遠慮して不倫を終わらせた未亜だったが、やはり気持ちは海里のことが大好きで奥さんと海里の結婚式に行くなんて悲しい。

しかし、当日呼ばれた場所に行ってみると海里だけしかいなかった。

奥さんは、実は海里と未亜の事情を知っていて「未亜と海里の結婚式」を挙げたかったのだ。

自分に気をつかってくれた海里には感謝しつつも、離婚を選択した。

そして、海里は未亜と対峙。

もう不倫ではない。

海里は未亜にプロポーズした。

そして、未亜はそれに応えた・・。