極楽とんぼ山本の事件と真相!相手の被害女性に「裏の顔」か

めちゃイケで、ついに極楽とんぼの山本が復活した。

番組では詳細には触れていないが、山本は事件を起こして芸能界を去った過去があったのだ。

今回はその事件の詳細と真相、さらに相手である被害女性についても言及していこう。

【スポンサードリンク】

極楽とんぼ山本が起こした事件

極楽とんぼは、もともと加藤浩次と山本圭壱のコンビだった。

コンビとして、めちゃイケのメイン格として出演しており他番組でも人気はかなりあった。

しかし、山本が起こした2006年の淫行事件によってこの10年間芸能界からほとんど姿を消していた。

この事件の真相はかなり闇が深いが、相手の被害女性がまず未成年であるということがかなりの問題となった。

この年、山本は自身が所属している欽ちゃんの草野球クラブの活動で北海道に遠征をしていた。

そして、欽ちゃんの知らないところで当時17歳の未成年の女性とお酒を飲むことになってしまったのだった。

というよりか、他のチームメイトに女の子たちをナンパさせてホテルに4人の少女を誘ったのだ。

相手の女性たちは、最初は普通に飲んでいたが4人のうち2人は途中で帰った。

そして、残った2人のうちの1人に対して淫行行為に及んだというのが被害女性の証言だった。

その後、すぐに女性は被害届を警察に提出したために山本もすぐに事情聴取に呼ばれた。

当日は野球の試合があったが当然欠席。

欽ちゃんは何も知らないので、観客には「体調不良」として言えなかった。

その後、周りにすぐに事件が知れ渡り吉本はすぐに記者会見を開いて山本を解雇。

極楽とんぼも解散ということになった。

【スポンサードリンク】

被害女性について

極楽とんぼ山本が、相手の被害女性に対しては「合意の上だった」と警察には話していた。

この事件の2ヶ月後に被害女性と山本は和解をしたため起訴されることはなかった。

ただ、和解をしたという事実がわかってから山本とその少女は「本当に合意の上だったのではないか」という一部で取沙汰されるようになった。

というのも、17歳の時点でお酒を飲みにホテルまで行くことが問題だったと言われている。

まあ、少女たちは「極楽の山本さんがいるよ~」ってな感じでチームメイトに誘われたために興味を持ったらしいが日常的にお酒を飲んでいたのではないかと噂になっていた。

そして、お酒を飲んでいたことからも正常な判断ができていなかったのではないかという。

実際、女性はもう一人いたという話なので合意の上ではなかったら止めていたのではないか。

また、和解をしたことも「お酒を飲んでいて確証がなかったから和解した」とも考えられている。

100%の真相は、完全に2人の間だけのことになるが他に事件を起こした芸能人に比べて対応が厳しかったとの声があったのだった。

【スポンサードリンク】
CATEGORY :