夏の甲子園出場校2016と注目選手。高校野球レベルを超える逸材

ここでは、夏の甲子園の出場校一覧と注目選手について紹介していきたい。

毎年、高校野球の最高峰である甲子園はプロのスカウト人が徹底的にマークしている。

地方予選の段階からすでに注目されている選手もいるので参考になればと思う。

【スポンサードリンク】

夏の甲子園2016の出場校

長い地方予選が終了し、2016年の夏の甲子園出場校49校が出そろった。

【北海道地区】
北北海道 クラーク国際(初出場)
南北海道 北海(2年連続37回目)

【東北地区】
青森 八戸学院光星(2年ぶり8回目)
岩手 盛岡大付(2年ぶり9回目)
秋田 大曲工(初出場)
山形 鶴岡東(2年連続5回目)
宮城 東北(7年ぶり22回目)
福島 聖光学院(10年連続13回目)

【関東地区】
茨城 常総学院(3年ぶり16回目)
栃木 作新学院(6年連続12回目)
群馬 前橋育英(3年ぶり2回目)
埼玉 花咲徳栄(2年連続4回目)
千葉 木更津総合(3年ぶり5回目)
東東京 関東一(2年連続7回目)
西東京 八王子(初出場)
神奈川 横浜(3年ぶり16回目)
山梨 山梨学院(5年ぶり6回目)

【北信越地区】
新潟 中越(2年連続10回目)
長野 佐久長聖(2年ぶり7回目)
富山 富山第一(3年ぶり2回目)
石川 星稜(2年ぶり18回目)
福井 北陸(24年ぶり3回目)

【東海地区】
静岡 常葉菊川(3年ぶり5回目)
愛知 東邦(2年ぶり17回目)
岐阜 中京(14年ぶり6回目)
三重 いなべ総合(6年ぶり2回目)

【近畿地区】
滋賀 近江(2年ぶり12回目)
京都 京都翔英(初出場)
大阪 履正社(6年ぶり3回目)
兵庫 市尼崎(33年ぶり2回目)
奈良 智弁学園(2年ぶり18回目)
和歌山 市和歌山(2年ぶり5回目)

【中国地区】
岡山 創志学園(初出場)
広島 広島新庄(2年連続2回目)
鳥取 境(9年ぶり8回目)
島根 出雲(初出場)
山口 高川学園(初出場)

【四国地区】
香川 尽誠学園(9年ぶり11回目)
徳島 鳴門(5年連続11回目)
愛媛 松山聖陵(初出場)
高知 明徳義塾(7年連続18回目)

【九州・沖縄地区】
福岡 九州国際大付(3年連続7回目)
佐賀 唐津商(5年ぶり5回目)
長崎 長崎商(29年ぶり7回目)
大分 大分(2年ぶり2回目)
熊本 秀岳館(15年ぶり2回目)
宮崎 日南学園(2年ぶり8回目)
鹿児島 樟南(5年ぶり18回目)
沖縄 嘉手納(初出場)

以上が夏の高校野球出場校一覧である。

続いて、49校の中から注目選手について触れていこう

【スポンサードリンク】

注目したい選手

2016年夏の甲子園出場49校の注目選手は、かなり豊富である。

なんといって大注目なのが創志学園の高田萌生投手だろう。

154km/hを誇る剛腕で、岡山大会を制した。

あの松坂を彷彿させるような躍動感あふれるフォームは、甲子園本大会の画になるのではないだろうか。

また、予選でも9回になっても150kmを投げられるスタミナも持ち合わせており早期敗退したとしてもドラフトにはかかるだろうと大きく期待されており高校野球レベルを超えると言われている。

さらに、履正社の寺島成輝投手も鮮やかな球種を持ちチーム自体が大きく注目されておりドラフト筆頭候補の1人。

そして横浜高校の藤平尚真も150kmを超えることができる上に走り高跳びでジュニアオリンピック優勝をするなど身体能力が半端ない。

次点としては、高田萌生ほどではないが花咲徳栄の高橋昴也投手

彼は、最速145kmでスピードはなかなかのもの。

そして昨年の甲子園でもリリーフ登板だが1年生ながら出場しており2年連続というのが大きな経験になる。

予選では奪三振が半端なかったので、2年目の今大会は期待できそうだ。

ドラフトには今年は関係ないが、来年以降が期待される。

また、栃木県作新学院に所属する今井達也投手も150km/hをマークしている。

彼もまた、2015年の甲子園に出場しており今大会がラスト。

剛速球右腕として、どこまでいけるかに注目が集まる。

以上、投手だけに絞ってみたが甲子園本大会が始めってから大きく開花して注目される選手もいるので本大会でのブレイク選手も楽しみにしていよう。

【スポンサードリンク】
CATEGORY :