夏の甲子園2016の優勝予想。「優勝候補4強」を解説

高校野球で一番注目される「夏の甲子園」も、予選がやっと終わり2016年の出場校49校が決まった。

そこで、早速優勝候補がどこかも含めて優勝予想をしていきたいと思う。

4強を中心に、実績や注目選手状況など優勝可能性を予測してみたい。

【スポンサードリンク】

今年の夏の甲子園の出場校

夏の甲子園2016の優勝予想をしてみよう。

優勝候補は4校だと個人的には思っている。

まずは、今年の出場校を紹介しよう。

【北海道地区】
北北海道 クラーク国際(初出場)
南北海道 北海(2年連続37回目)

【東北地区】
青森 八戸学院光星(2年ぶり8回目)
岩手 盛岡大付(2年ぶり9回目)
秋田 大曲工(初出場)
山形 鶴岡東(2年連続5回目)
宮城 東北(7年ぶり22回目)
福島 聖光学院(10年連続13回目)

【関東地区】
茨城 常総学院(3年ぶり16回目)
栃木 作新学院(6年連続12回目)
群馬 前橋育英(3年ぶり2回目)
埼玉 花咲徳栄(2年連続4回目)
千葉 木更津総合(3年ぶり5回目)
東東京 関東一(2年連続7回目)
西東京 八王子(初出場)
神奈川 横浜(3年ぶり16回目)
山梨 山梨学院(5年ぶり6回目)

【北信越地区】
新潟 中越(2年連続10回目)
長野 佐久長聖(2年ぶり7回目)
富山 富山第一(3年ぶり2回目)
石川 星稜(2年ぶり18回目)
福井 北陸(24年ぶり3回目)

【東海地区】
静岡 常葉菊川(3年ぶり5回目)
愛知 東邦(2年ぶり17回目)
岐阜 中京(14年ぶり6回目)
三重 いなべ総合(6年ぶり2回目)

【近畿地区】
滋賀 近江(2年ぶり12回目)
京都 京都翔英(初出場)
大阪 履正社(6年ぶり3回目)
兵庫 市尼崎(33年ぶり2回目)
奈良 智弁学園(2年ぶり18回目)
和歌山 市和歌山(2年ぶり5回目)

【中国地区】
岡山 創志学園(初出場)
広島 広島新庄(2年連続2回目)
鳥取 境(9年ぶり8回目)
島根 出雲(初出場)
山口 高川学園(初出場)

【四国地区】
香川 尽誠学園(9年ぶり11回目)
徳島 鳴門(5年連続11回目)
愛媛 松山聖陵(初出場)
高知 明徳義塾(7年連続18回目)

【九州・沖縄地区】
福岡 九州国際大付(3年連続7回目)
佐賀 唐津商(5年ぶり5回目)
長崎 長崎商(29年ぶり7回目)
大分 大分(2年ぶり2回目)
熊本 秀岳館(15年ぶり2回目)
宮崎 日南学園(2年ぶり8回目)
鹿児島 樟南(5年ぶり18回目)
沖縄 嘉手納(初出場)

以上が夏の甲子園の出場校2016である。

【スポンサードリンク】

優勝予想とその要因

夏の甲子園2016の優勝予想について、まず優勝候補は個人的に4校だと考える。

以下の高校が今大会の4強になるのではないか。

・智弁学園(奈良)

直近の実績だけでいえば、今大会の優勝候補筆頭。春のセンバツを優勝しているだけに、そのままの勢いを今大会でも出せば春夏制覇ができるのではないか。両方を制覇するのは簡単ではないが、過去の出場回数や実績からいっても上位進出は安定している。

・創志学園(岡山)

予選大会決勝は、なんともドラマチックな展開となって初出場となったが今大会ではかなり期待してもいいのではないかと。個人的に一番注目している選手である投手の高田萌生が安定した投げを見せれば初出場初優勝の栄光を勝ち取れるかもしれない。154km/h最速で、終盤でも150kmを維持できるほどスタミナが落ちないためドラフトが真っ先に注目している今大会ナンバーワン投手の存在で優勝候補と考える。

・横浜(神奈川)

前評判の高さをそのままに、激戦区の神奈川で予選を勝ち抜いた。去年の甲子園は同じ神奈川の東海大相模が優勝。150kmをマークできる藤平尚真は陸上においても実績を残している。ドラフトが大注目しており、その力を本大会で安定して発揮できれば強豪校常連としての期待は堅い。

・履正社(大阪)

とにかく、激戦の大阪において予選が圧倒的。大阪大会決勝では金光大阪に12-0の圧倒的勝利で注目度がさらに増した。夏の甲子園においての実績は他の強豪校より劣るが、相当な注目を浴びることは間違いない。

また、次点として以下の2校も興味がある。

・作新学院(栃木)

過去の出場実績や大会での成績はまあまあだが、こちらも投手で150kmの快速をマークする高橋昴也投手が健在。2年生ながら、昨年の甲子園でも出場経験があるので大舞台が2度目というのは大きな強みになり優勝可能性は十分ある。

・明徳義塾(高知)

個人的な4強の中では4番手になると考えているが、甲子園常連であることと過去に優勝経験があることで優勝候補にした。大きく興味を持っている選手がいるわけではないが出場回数と前回優勝の時代を考えるとそろそろ古豪復活といってもいいのではないか。

以上が、優勝候補を挙げてみたが組み合わせや勢い次第ということころもある。

他にも、星稜や関東一、春のセンバツ準優勝の高松商を破った尽誠学園などにも注意しておきたい。

【スポンサードリンク】
CATEGORY :