セーラー服おじさんの勤務先と年収が何気にすごいことが判明

2014年頃から、セーラー服おじさんというのが密かに話題になっているらしい。

行列のできる法律相談所にも出演している。

こういった類の人は無職だったりすることが多いのだが、実は会社員として勤務先もありしっかりしていて、年収も意外とすごかったりする。

ということで、今回はこのセーラー服おじさんについて焦点をあてていきたい。

【スポンサードリンク】

セーラー服おじさんとは

セーラー服おじさんとは、その名の通り東京に出没するセーラー服を着て街をうろついているおじさんのことだ。

名前は小林秀章ということで最初は謎だった素性が段々と暴かれていってるのである。

勤務先もちゃんとしたところで、大手の印刷会社でエンジニアをしているらしい。

それも、年収は800万円ということなのでそれなりにちゃんとしたポストについて稼いでいる普通のサラリーマンなわけだ。

しかし、なぜセーラー服を着て街を歩くようになったのか?

それは、噂によるとあるラーメン屋にて「30代以上でセーラー服を着て来店すると一杯タダになる」というキャンペーンがあったらしくそれをきっかけにスカートなどの女装に目覚めたらしい。

中央線沿いによく出没しており、「会うと幸せになれる」といった都市伝説までつくられているぐらいだ。

実際に、声をかけて写真を求めると応じてくれるらしい。

なかなかサービス精神旺盛な人みたいだ。

ちなみに、年齢は53歳で大学は早稲田!

嫁や子供など家族はおらず、結婚したことはあるのだが現在は離婚していて独身らしい。

【スポンサードリンク】

ちゃんとした会社員だった

セーラー服おじさんはちゃんとサラリーマンをやっていて、その勤務先も大手印刷会社(大日本印刷?)と言われているので普段とのギャップを楽しんでいるのだろう。

当然ながら、会社にはセーラー服は着ていけないので休日にいつもの自分と違うところをさらけ出してストレスの発散にでもしているんじゃないだろうか。

エンジニアでしっかりと働く一方で、休日はちょっと変わった行動をするという人は何もこのセーラー服おじさんだけではないだろう。

日々の仕事の重圧やストレスの反動で、休日に女装したりする人も多いと聞くのでこのセーラー服おじさんもその一種と思えばそこまで奇怪とは思えなくなってくる。

余談だが、先日名古屋に行って普通にカフェでお茶していたら窓の外で女子高生の制服をきた男性が歩いているのを見かけた。

やはりセーラー服おじさんだけではなくて、最近はこういう人が増えているんだなという印象を受けた。

【スポンサードリンク】

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 仏(ほとけ)

    2016.1,29
    高田馬場駅で目撃
    超ミニスカを後ろから目撃ぶっとい足
    だんだん視線を上びするとハゲ白髪GG
    キモー
    今わかったけど有名だったんだなw

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*