SMAP解散の真相最新。キムタクと香取慎吾が不仲でドロドロ

SMAP解散という騒動が、2016年の1月に起こり真相などが色々と報じられたが騒動は収まった。

しかし、8月14日の最新情報でついに恐れていた「マジ解散」報道が起こった。

これは、ジャニーズ事務所が各メディアにFAXで一斉に知らせたことで解散が確実となった。

そして、その理由はキムタクと香取慎吾が不仲なのが特に大きいと言われている。

今回は、まさかのSMAP解散の確定について語っていきたい。

【スポンサードリンク】

1月の時点ですでに溝は大きすぎていた

SMAP解散の真相について、最新情報としてはまず2016年12月31日をもって解散することが決定したこと。

ジャニーズ事務所から、各メディアに対して本人たちのコメント付きで正式発表している。

この解散騒動は、今年の1月に元SMAP担当マネージャーの独立宣言によって端を発したものであり、当時は「もはや時間の問題」と言われるぐらいまでに事態は悪化していた。

しかし、その時は唯一残留を表明していた木村拓哉が仲居たち他のメンバーとジャニーズ事務所の間に入って土壇場で解散は免れた。

その後は、ビストロSMAPも普通に放送してなんとか「解散騒動は一過性の事件にすぎなかった」と時が経つにつれ多くの人が思っていた。

ただ、歌番組にSMAPが出演しなかったりコンサートをやらないなど色々と確執が残っているのではないかという懸念があった。

しかしこれは、解散騒動があったばかりなので本業の歌でまだ調子を取り戻していないだけと思っていた・・というよりもそう思いたかった。

夏の音楽フェスでもSMAPは出演しなかったが、これも「まあ~今年にあんな騒動があったからな~」という程度のものであったが今思うとすでに一度できた大きな溝は埋まらないんだと痛感した。

そして、何の前触れもなく正式解散が決定した。

各メディアがつかんだ情報によると、やはりキムタクが原因なのではないかということ。

これは、1月の解散騒動で彼だけがジャニーズ残留を決めていたことから他の4人と確執ができたことから当然の見方かもしれない。

しかし、今回報じられたのはキムタクだけでなく香取慎吾や草なぎなどが不仲ということでもう一緒にできるモチベーションもなくなったというもの。

一体、各メンバーはどういうポジションだったのか。

【スポンサードリンク】

一番不仲だったのは誰か

SMAP解散の真相最新情報として、キムタクと香取慎吾が特に不仲という意外な報道が目についた。

香取慎吾は、あまり揉め事とは無縁の感じだという印象を受けるが1月の解散騒動で中心人物となっていた飯島マネージャーに対して一番恩義を感じていたという。

そのため、最終的にマネージャーが退社して事が収まったかに思えたが香取慎吾の心の闇は深かったのではないだろうか。

それが、木村拓哉と対立する構図になってしまったのは致し方ないような気がする。

ただ、実はキムタクと香取慎吾が意外なほど不仲だったということに加えて「数人のメンバー」が「もう休むよりも解散したい」と言っていたことの方が重要な気がする。

数人のメンバーということは、少なくとも3人以上だろう。

1月の騒動が表面上収まっただけで、ずっとこの8ヶ月お互いに嫌な思いをしながら収録などしていたという。

本当は、不仲な状態がさらに悪化したのに仲が戻った風に見せるのは相当辛かったようだ。

ビストロSMAPなど、5人で仕事するような時は中居や草なぎ、香取やキムタクはほとんど口を聞かなかったとのこと。

音楽番組にSMAPとして出演をしなかったのも、これを聞いて納得だ。

極力、みんな顔を合わせたくなくて5人そろう仕事を避けていたということなのだから。

とりあえず、現時点で決まっていることを整理すると

・2016年12月31日まではSMAPとして一応活動する
・解散後も、それぞれのメンバーはとりあえずジャニーズ事務所に所属したまま

シンプルに考えるとこの2つだが、ジャニーズ事務所に所属した状態というのはあくまでも「とりあえず」で中居に草なぎ、それに香取慎吾はそのうち独立する公算だという。

キムタクは残ると思うが、やはりこの3人と木村の確執や不仲が一番大きいのではないだろうか。

何気に気になるのは稲垣だが、彼だけはあまり感情を表に出さないような感じなので何を考えているのかわからない。

今後のテレビ出演や、最後にSMAPとして歌を披露してくれるのかなど年内はずっと気になるところだろう。

【スポンサードリンク】
CATEGORY :