沢尻エリカ、中山秀征と険悪。「別に」の理由と原因につながっていた

行列のできる法律相談所に、ついにあのエリカ様こと沢尻エリカが登場。

司会者Nに昔の名番組「夜もヒッパレ」でひどいことを言われたということを激白するが、その相手は中山秀征。

沢尻エリカは、今回は被害者側の方なんだなと。

あの「別に」事件の理由と原因は、この中山秀征の件にも関わってきているという話なので数々の険悪な状況を今回は語っていきたい。

【スポンサードリンク】

沢尻エリカが中山秀征と険悪な理由

沢尻エリカが行列で司会者Nこと中山秀征にひどいことを言われてことを暴露しているが、それは「夜もヒッパレ」という番組に出演していた時のこと。

90年代に流行ったこの夜もヒッパレは、毎回人気芸能人が出演して色んな有名歌手の曲を歌って盛り上がると言う番組。

まあ、一言でいえば芸能人のカラオケ大会であって正直これの何が面白いんだろうかと思っていた。

で、当時の沢尻エリカはまだそこまでブレイクしていなかったのでそれほど目立たないポジションで出演していた。

そこで、中山秀征の一言で傷ついたのだという。

しかし、実際には沢尻エリカの方が遥かに暴虐無人ぶりを当時は発揮していた。

中山秀征がやっている「ラジかる」という番組があるのだが、それに沢尻エリカがゲストとして出演した時の方が遥かにひどかった。

当時沢尻エリカは、「沢尻会」というものを開催しているということが話題になっており仲の良い女性芸能人と一緒に食事したり鍋をやったりするというもの。

この沢尻会という言葉に、本人は相当イラッときたらしく「ラジカル」で中山秀征から「沢尻会って本当にあるの?」と聞かれて「ネットが作った幻想」とだけ不機嫌に答えた。

そして、なんとその後は中山秀征からの他の質問に対して「無視」し続けたという。

当然、その現場は相当凍り付いたのだとか。

これは、実は「別に」と映画の舞台挨拶で言い放った理由と原因に関係していると言われている。

【スポンサードリンク】

なぜ「別に」と言ったのか

行列で司会者Nこと中山秀征と沢尻エリカが共演したが、依然としてカメラが回ってないところでは中山秀征と険悪だという。

「ラジかる」では、むしろ中山秀征の方が不機嫌になってしまってもよさそうな沢尻エリカの対応だったというのだから。

また、映画の舞台挨拶で「別に」とだけ不機嫌に言い放って司会者やその場の空気を凍りつかせた理由と原因はなんだったのだろうか。

これは、「ラジかる」で沢尻が不機嫌になっていたことともある意味ではつながっている。

当時の沢尻エリカは、ドラマ「1リットルの涙」を皮切りに大ブレイクしていた。

そのため、寝る間もなくCMやドラマに映画とこなしていたのだがこれが「精神的に相当きた」というのだ。

メディアから沢尻エリカへの取材件数も短期間に160件というありえない状況。

また、映画なども5本抱えていたりして撮影などで相当ストレスがたまっていたという。

今では少しは丸くなっているが、当時のことは自身も「精神的に末期だった」という。

そういえば鈴木亜美もブレイクしてからしばらく休みなく働いて「このままじゃ死んじゃう!」と事務所に嘆願して休ませてもらったことがある。

このように、売れてブレイクしすぎるともはや嬉しさを通りこして精神的に崩壊して取材に対しても投げやりになってしまっていたという。

と、これが表の理由と原因らしいのだが実は真相は違うところにあった。

当時の映画舞台挨拶では、竹内結子も一緒にいたのだがこれが一番の真相だったという。

その時に沢尻エリカが舞台挨拶の際に着ていた、ド派手なキャミソールに金髪姿の衣裳に対して出番前に竹内結子が「ギャートルズみたいでかわいいね」と言ったのだそうだ。

ちなみに、ギャートルズとは原始人が主人公のアニメ「はじめ人間ギャートルズ」のこと。

ようは、沢尻エリカは竹内結子に「原始人みたい」と言われたと思って舞台挨拶中に怒りがこみあげてきたという。

竹内結子は、悪気があったのかどうかはわからないが精神的にも末期な沢尻エリカなら悪気がなくとも怒りという感情が舞台挨拶中にも湧いてしまうのは当然とも言えよう。

現在は、以前よりもまともになっているがまだまだ話題は絶えないだろう。

【スポンサードリンク】
CATEGORY :