坂口杏里の現在。消えた2016年10月から借金返済のため転落デビュー

坂口杏里というと、2015年までは今や人気お笑い芸人となっているバイきんぐの小峠と付き合って破局したことが話題になっていたが現在は「消えた」と噂されていた。

実際に2016年に入ってからテレビでみかけたという印象がなかったが、週刊女性によって先日ホストクラブにハマりすぎて借金地獄だったということが報じられた。

そして、借金まみれになってしまったためセクシー女優として2016年10月からデビューすることになりさらに芸能界でも連日話題となっている。

坂口杏里の母親でもあった坂口良子は、2013年に癌で他界しているためそこから何か心境の変化などがあったのか。

今回は、彼女の周辺事情について詳細を見てみよう。

【スポンサードリンク】

ホスト狂いで借金まみれになって芸能界から消えた

坂口杏里が芸能界から姿を消して、現在はセクシー女優として再出発を決めたことは一部の関係者の話で確実となった。

「もともと、小峠さんと付き合う前から、ホストクラブで遊んだりしていたけど、彼と別れてからは入り浸るようになった。彼女が入れあげていたのは、新宿・歌舞伎町にあるホストクラブ『B』のKくん。坂口健太郎さんを派手にしたような塩顔のイケメンですアフターしたり、店外デートもしていました。彼の家に転がり込んでいた時期もあったそうですよ」
(引用元:週刊女性 2016年9月20日号)

結果論ということになってしまうかもしれないが、坂口杏里は芸能界よりは夜のお店やセクシー女優系の顔立ちをしている感じがしていた。

まあ、これは途中で顔が変わったのではないかという風に言われていることもあるが。

彼女はかなり寂しがりやのため、小峠と付き合っている時もかなり振り回していたとされる。

そして、小峠と別れてしまった後はホストクラブに入り浸るようになったのだとか。

また、母親の坂口良子のお金にも手を出してしまったと言われている。

「杏里は”お母さんが遺してくれたお金だから、絶対に手をつけない”と言っていましたが、ホストクラブに通ううちに、そのお金も使いきってしまったようです。当然、それだけでは足りず、今では500万円ほどの多額の借金を背負ってしまったみたい。一ヶ月くらい前にも、仲のよかった友達に”10万円貸してほしい”と頼んでいたみたいですよ」
(引用元:週刊女性 2016年9月20日号)

借金というのは不思議なもので、一度もしていない段階では「自分は大丈夫」と思っているのだが一旦手を染めてしまうともう後戻りできないところまでいってしまうという性質がある。

転落して坂道を転げ落ちれば落ちるほど、さらにスピードが増していくようなものだ。

そしてそういう人たちの受け皿となっているのが、セクシービデオ業界。

ホストクラブにハマったためにそうなった坂口杏里だが、ハマった相手は相当なやり手だったようだ。

「ALL BLACK」というお店の「枢木ハルカ」に相当お金を落としていたと言われている。

ちなみに、現在はそのホストクラブの名前から彼が消えているためすでにお店を辞めている可能性がある。

今回の事が原因でそうなったのかはわからないが・・。

そして、今回の話題は当然元カレであるバイきんぐの小峠にも知れている。

小峠と坂口杏里が会ったのは、2015年12月に2人で食事したのが最後であり今回の転身については「ただただ驚いている」とだけコメントしている。

テレビでは、色んな番組で坂口杏里とのことでイジられて「いや、別れたんだよ!」とツッコミするのがお約束となっていたが今回の事がきっかけでこのイジりがかなり強烈になりそうだ。

小峠は、ああ見えて結構大人な対応をする人物なので本心では心配しているのではないかと思われる。

ところで、なぜ小峠と坂口杏里は別れてしまったのであろうか。

最初にアプローチしてきたのは、実は坂口杏里の方だったのだ。

しかし、彼女の性格はかなりルーズで小峠に対してデートをドタキャンしたり遅刻したりであまり良い印象はなかったという。

また、坂口杏里の方は小峠を売名行為として利用したのではないかとも一部で言われているがこれが決定的になっているわけではない。

小峠としては、どうしても許せないことがあったのだ。

それは、2015年5月に芸能プロダクション「センディング」の元社長である田代仁と関係があったことだ。

「坂口は自身のブログで田代容疑者との親密な関係をアピールしていた。芸能界を目指す少女たちがその笑顔にだまされたのは、想像に難くない。少女たちが金を巻き上げられるなど毒牙にかかるのをほう助したとも言える。そんな男との付き合いが、小峠はどうしても許せなかった。男を見る目がなく、甘い言葉にすぐだまされる。ホストクラブ遊びと根っこは同じ。そんな危なっかしい女と結婚する気は毛頭ないし、だらだら付き合っていてもマイナスイメージが増えるだけ。最後は大人らしい割り切り方で坂口との交際にみずから幕を引いたのでしょう」
(引用元:アサ芸プラス http://www.asagei.com/excerpt/39766)

【スポンサードリンク】

転身しても、「甘くない」のが現状

坂口杏里は、意外と知らない人もいたりするが坂口良子の娘であり「二世タレント」である。

つい最近の話題でも、同じ二世タレントが暴行容疑で逮捕されたことがあったが親の七光りを利用するということはそれなりにリスクも伴うのだということがよくわかる。

ただ、ほとんどの売れている二世タレントはしっかりとやっているだけで一部の道を外れた人たちだけが必要以上にクローズアップされているため「二世タレントは・・」なんて言い方をされる部分もあるのだろう。

ちなみに、坂口良子は借金返済のためにやるしかないという感じだがセクシー女優になったからと言って簡単に稼げるわけではない。

どの業界でも、一部の人気どころだけがびっくりするほどの大金を稼いでいるのでありこの業界も結構飽和状態と言われている。

多くの人が想像しているより、作品一本のギャラは少ないのと言われている。

坂口良子的には、ホストクラブに通って借金を背負ったことを自虐ネタとして「そういう芸風のタレント」として普通に芸能界で再起を図った方がよかったのではないかとも思う。

まあ、転身後の業界で成功すれば問題ないが話題になるのは最初だけではないだろうか。

芸能界から消えて、2016年現在から復活して借金を完済することはできるのだろうか。

また新しい業界のストレスでホスト通いしてしまっては元も子もないだろう・・。

【スポンサードリンク】
CATEGORY :