高畑裕太の真相!文春が被害女性と示談金1500万円の真実にたどり着いた

高畑裕太の事件について、9月21日発売の週刊文春が綿密な取材をしてくれたおかげで真相に90%たどり着いた。

元俳優である彼が事件を起こしたことで芸能界は大きく揺れ動き、被害女性や知人男性の謎など色んな説が出現してきたが今回の文春の記事は今までにないくらいの質の高いものだった。

最終的に示談金1500万円で民事は落ち着き、刑事事件としても不起訴処分となったが様々な点が腑に落ちないものだっただろう。

「歯ブラシを持ってきてほしい」という証言や、エレベーターに一緒に乗って部屋に行ったという話もありどっちかが嘘ではないかと思ったが両方とも本当だった!

事件の鍵となる高畑裕太本人の証言と、被害女性である44歳の元読者モデルとその知人についての全容を文春記事を元に見ていこう。

【スポンサードリンク】

事件の始まりから示談までの全容

高畑裕太が発端となった事件について、文春報道によると高畑側が被害女性に示談金1500万円を支払うことで合意し不起訴処分となり事なきを得た形となる。

さらに、週刊文春は事件の真相を知る群馬県警や前橋地検、ホテルの関係者や捜査資料などありとあらゆる手段を使って詳細に事件当時の様子を記載していた。

事件の始まりから、逮捕後までを時系列で追った方が分かりやすいだろう。

8月22日 20:30頃

映画撮影で来ていたのでスタッフたちと食事をしようと出かける。その際、高畑裕太とスタッフらはホテルのロビーで待ち合わせたのだが2人の女性従業員と会話をしていた。そのうち、1人は黒のTシャツとジーパンというラフな格好の茶髪のスレンダー美女風だったという。この人物が今回の被害女性であり、彼女から食事へ行くための周辺地図をもらっていた。もちろん、この女性は食事には同伴していない。

気になるポイント:ホテルのフロントで勤務する女性従業員なのに制服などではなくTシャツにジーパンというラフな格好というのは相当違和感を覚える。比較的安価なビジネスホテルだと、こういった格好で仕事をすることもあるのだろうか。筆者が今まで宿泊したビジネスホテルではこういった格好の従業員がフロントにいた光景を見たことがなかった・・。高畑裕太も、私服でプライベートのような感じを醸し出していた彼女だからこそ目についたのではないか。

8月22日 21:00頃

高畑裕太やスタッフらが食事したのはとある居酒屋。合計6人で飲んでおり、高畑裕太は中ジョッキ2杯にハイボールのグラスを4杯飲んでいたという。すでに酔いが回っていたが2次会的な感じでバーに訪れ、さらにカクテルを4杯飲んでいた。その後はかなり酔った状態でホテルに一人で戻ったという。

8月23日 1:40頃

事件の核心部分。飲み終わり、一人でホテルに戻った高畑裕太はフロントにいた被害女性と談笑していた。この時、女性従業員が高畑裕太のファンであることを知っていたため会話の内容もかなり友好的だったようだ。酒に酔っていたことと、被害女性の会話にとても好感が持てたため思わず「これから部屋に来ませんか」と誘った。女性は、それには応じずこの時は断っていた。しかし、高畑裕太は酔った勢いもあって諦めず「あそこにある歯ブラシを持ってきてください。5分後に405号室に来てください」と言い残して部屋に戻っていった。

しかし、女性従業員は部屋に歯ブラシを持ってくることはなかったので今度は自分からまたフロントへ行きお願いをした。女性は半ばあきれたように「自分で持っていけばいいじゃないですか」と言ったが、高畑裕太は「歯ブラシが欲しいんじゃなくて、部屋に来て欲しいんです!」とフロントで叫んだ。確実にまだ酔いが回っている状態だろう。

これに根負けしてしまったのか、被害女性はなんとそれに応じることに。フロントには「部屋に行ってきます」というメモを残し一緒にエレベーターに乗ることに。そしてエレベーターのドアが閉まった瞬間に高畑裕太は行動に出た。エレベーター内で女性に対してキスをしてきたのだという。女性は最初は戸惑う感じを見せていたが、それほど抵抗する様子もなかったという。

そしてエレベーターが4階に着くと、高畑裕太は他のスタッフや宿泊客に見られないように1人で部屋にまず入る。それを追うようにして、女性も後からドアが閉まる寸前で開けて高畑裕太の部屋に入った。電気をつけないまま、高畑裕太は女性を抱きしめてベッドへ押し倒した。

そして、この後が被害女性と高畑裕太の間で証言が食い違ってくる。

【被害女性の証言】

手足を押さえつけられるなどの暴行をされ、「黙れ、言うことを聞け」と脅され「警察に言うなよ」と言われた。

【高畑裕太の証言】

無理やり押さえつけたり脅迫などはしていない。「生理中だからダメ」と高畑裕太の頬に手をそえてきたが、拒否している感じはなかった。行為中も終始受け身ということはなく、彼女の方も悪くない気分のようだったという。なお、右手が負傷しているのは行為中に右手をかなり動かしていたからだという。そして、その最中には「44歳で旦那と子供がいる」ことを言っていたことを高畑裕太は覚えているという。

気になるポイント:かなり詳細な核心部分が分かった。これで「歯ブラシを持ってきてほしい」と言っていたという証言と「エレベーターに一緒に乗った」という週刊誌の記事の両方ともが嘘ではないことになる。高畑裕太は、ほとんど会話もしていない従業員に対して歯ブラシを持ってこさせていきなり女性に迫ったわけではなかったということになる。女性側の方は、最初は高畑裕太を警戒していたようだがキスを許容した後からは自分から部屋に入っていったということになるので「無理やり暴行された」というのは後付けである可能性が高い。

8月23日 2:30頃

行為が終了すると、被害女性はズボンなど服を着てすぐに部屋を出ていった。

8月23日 3:30頃

被害女性の知人男性から、「女性が暴行された」と110番通報が入る。事件直後、この男性を被害女性は「彼氏」だと周りの人に言っていた。

気になるポイント:文春によると、女性には旦那がいるわけだが最初に連絡をしたのは旦那ではなく知人男性というのはやはり高畑裕太とそういうことに及んでしまったことからくる罪悪感であろうか。また、知人男性のことを「彼氏」と周りに言ってしまったことから不倫をしていたという印象を与えてしまうのではないだろうか。

8月23日 3:40

被害女性は、ホテルのロビーに戻り他の従業員と映画スタッフに内線で連絡を取って話し合いをした。この時は、ロビーに駆け付けた映画スタッフに対して女性は自分が彼氏に話して事を大きくしてしまったことを謝っていたという。しかし、その彼氏という知人男性がホテルに乗り込んできたことで事態は一変した。知人男性は、スタッフに詰め寄りそれを女性がなだめているという構図だったが結局知人男性の指示で医師の診断書を取るために病院へ行き、高畑裕太を強姦致傷で訴える流れになってしまった。

8月23日 5:00頃

高畑裕太は、行為が終わり全裸で寝ていたところをスタッフからの電話で起こされた。警察がすでに部屋に来ており任意同行を求められると「これって本当ですか。夢じゃないですよね。」と激しく動揺していた。

気になるポイント:この一連の流れから、高畑裕太は行為が終わった後に特に逃げる様子もなく普通に寝ていたことに納得。高畑本人としては、合意の上で行為が終わったという認識だったということは間違いない。

8月23日 13:40頃

高畑裕太が強姦致傷容疑で群馬県警に逮捕された。

【スポンサードリンク】

さらなる真相に迫る

高畑裕太事件の真相が、文春の記事により点と点がつながった感じになりほぼ話が噛み合ってきた。

さらに、ここでは被害女性と知人男性、そして今回の示談金について踏み込んでいこう。

被害女性について

被害女性については、高畑裕太が取り調べの際に風貌などについて証言している。それによると、女性の身長は165cmぐらいのスレンダーな感じで茶髪だったという。他の従業員は黒髪で制服を着用している中でラフな私服という格好だったために印象に残ったのだという。文春によると、この女性は過去に読者モデルをしていたらしい。雰囲気はあびる優に近いと掲載されている。高畑裕太は、彼女が結構若く見えたので最初30代だと思っていたということだ。

知人男性について

今回、事件にしたのがこの知人男性であり素性は暴力団の元組長だったという。弁護士など色んな噂が立っていたが、この男性が事件について色々と複雑にしてしまったようだ。年齢は被害女性と同じ44歳でこれまでに強盗や拉致監禁容疑で2度の逮捕歴があるのだそう・・なぜこの男性と被害女性は知人だったのだろうか。

事件当時、ホテルに乗り込んできた際にはドスをきかせた声で下記のようにすごんでいたという。

「てめーふざけんなよ!何してくれるんだ!高畑はこれから売り出し中で大事な時期だろ。情報が出たら大変なことになるよ。強姦致傷だと示談で500万円はかかるぞ。(被害者は)これから働けなくなるし、精神的ダメージもある。わかってんのか!これが世に出たら本人も映画も大変なことになるだろ。とにかく母親の高畑淳子を今から呼べ!」
(引用元:週刊文春 2016年9月29日号)

示談金について

そして、今回の事件で不起訴になったのはこの示談が成立したから。これにも知人男性はプレッシャーをかけながら関与していた。高畑裕太サイドには、「俳優人生を買い取るつもりでいて欲しい。女性側の人生もかかっているのだからそれ相応の金額にはなる」という旨のことを言っていたという。

そして、前橋地検によると最終的に決まった示談金は1500万円。これには母親の高畑淳子は関わっていないが高畑側の弁護士の方が最初3000万円だった金額を交渉してこの金額に落ち着いたらしい。

まとめ

これらは週刊文春の全文で知ったもの。「歯ブラシの」の件や「一緒にエレベーターに乗った」ことに加えて「高畑裕太が行為の後に普通に寝ていた」といった疑問点などが一気につながった気がする。

個人的には、これが真実であるならば高畑裕太が100%無理やりということではなかったと言えるのではないか。

しかし、自分からキスをしていってそれを女性は最初は拒んでいたということもあるのでこの真相を知っても高畑裕太の俳優人生が復活することはないだろう。

かといって、女性の方も知人男性がいなかったら事件にするつもりはなかったのではないかと思う。

彼氏と言っていたのは、ちょっと不可解だが事件直後ということもあり今の自分の状況を取り繕うために焦って口走ってしまったのかもしれない。

これまでの説がつながった記事であったため、かなり信ぴょう性の記事であり週刊文春の取材力を思い知らされた。

警察の取り調べで高畑裕太が「欲望を抑えられなかった」と言っていたのは間違いないだろう。

また、こういった事件は女性側が少しでも被害意識を感じているならそれで男性側が100%悪いということになってしまう。

しかし、示談にしたということは女性側も少なからず自分に甘さもあったということを物語っているのではないか。

示談にした理由、不起訴になった理由が今回の記事で納得が行った気がする。

【スポンサードリンク】
CATEGORY :