ほのかりん、文春で飲酒疑惑。彼氏の川谷とツイッター削除の真相

9月29日発売の週刊文春で、ゲスの極み乙女の川谷絵音が以前から「miwa」似の女性と付き合っていると噂されていた人物がアイドルの「ほのかりん」だということが発覚して一気に彼女の名前が世間に知られるようになった。

ベッキーとも破局し、前妻とも離婚した川谷はすでにボロボロの状態かと思われたが早速別の女性との交際でネット上などではかなり拒否されている模様。

このほのかりんという女性、19歳であり未成年だがバーに通っていたということで「飲酒疑惑」に世間の焦点がいっている気がする。

なぜ、彼氏を川谷絵音にしたのか。

彼女のツイッターも、話題になってからアカウント削除されており色々と不思議な点も多い。

今回は、週刊文春の全文を読んだので2人の関係詳細と疑問点の考察をしてみたいと思う。

【スポンサードリンク】

週刊文春で報じられたこと

週刊文春では、ほのかりんと彼氏の川谷が「梨狩り&温泉」を愉しんでいるツーショット写真がページの序盤カラーで紹介されていた。

そこには、真正面から2人の表情がしっかりとわかる画像が写っておりゲスの極み乙女川谷の笑顔と少し恥ずかしそうにうつむきながら笑顔を見せていたほのかりんがいた。

正確には、この時には男女8人でワゴン車に乗って栃木の梨園にいって大はしゃぎで梨狩りを楽しんでいたということから「密会」ではなかった。

ほのかりんは、現在「Rの法則」というEテレの番組に出演しているだけあってかなり清純な感じの見た目。

彼氏の川谷絵音とは正反対の世界にいるような人物に思えた。

そして、カラーではない別のページでは2人の出会いからお泊りデートの詳細に至るまでの関係がしっかりと書かれていた。

2人が知り合ったきっかけ

タレントでもあり、ミュージシャンであり女優のほのかりん。

以前は雑誌「二コラ」でモデルをしていたことや「仮面ライダーフォーゼ」で福士蒼汰や清水富美加と共演していたこともある。

当初、川谷は9月13日号の「週刊女性」にて女性をお持ち帰りしたということが報じられておりその時は「女性の年齢は20代前半」ということだった。

その際にも週刊誌にインタビューされていたが、「友人関係」とだけ言い残していったがふたをあけてみれば実際は19歳の未成年の美女だったということが今回発覚した。

現在、ほのかりんが出演するNHKEテレの「Rの法則」は人気番組で教育テレビということもあってクリーンなイメージが強い。

多くの出演者は、ほのかりんのように美男美女が多い。

ただ、黒髪ロングのほのかりんに対する世間のイメージとは正反対に夜はかなり遊んでいるという。

実は2年以上前から、六本木などの高級会員制バーの常連でお酒好きだという。

彼女の知り合いには、タレントはもちろんのこと会社経営者や俳優にミュージシャンという人脈がありとても10代とは思えないようだ。

川谷と出会ったのは、2016年の夏ごろ。

この頃は、ベッキーとも連絡がつかなくなってしまい破局ということになってしまっていた。

文春の記事を見る限りは、川谷の方は相当ベッキーに未練があったようだがベッキーの方は川谷ときっぱり縁を切るつもりで連絡を絶ったようだ。

前妻とも別れて、ベッキーとの復縁もないんだと悟った川谷絵音はかなり落ち込んでいた様子で生活が荒れていったのだという。

そして、気持ちを切り替えて女の子と遊びまくるようになり三軒茶屋のバーで出会ったのがほのかりんということだ。

ほのかりんには当時、彼氏がいた

ほのかりんは、川谷とバーで出会った時にはまだ別の彼氏がいたらしい。

それは、香取慎吾似の年上イケメン男性ということで同棲もしており相手の実家にもお邪魔してあいさつもしていたということらしいのでかなりの親密さだったようだ。

しかし、ほのかりんは川谷のファンだったこともあってまだ彼氏と別れてもいないうちからこっそりと川谷と連絡を取るようになった。

そして、週刊女性の記事で浮気が発覚してしまい彼氏は激怒して川谷に連絡するようになったのだが川谷はこれをスルー。

激怒した元カレから逃げるように、8月末には川谷と交際を始めたようだ。

川谷は現在、港区にある高級タワーマンションに住んでいるらしいが実は杉並区にも別宅がある。

そこは、前妻と賃貸で住んでいたところであり川谷はそこにほのかりんを住まわせて半同棲生活を送っているという。

さて、文春にてほのかりんの存在がわかったわけだが2年前から飲酒をしていたことがはっきりしてしまったことで芸能活動に影響があるのではないだろうか。

また、ツイッターも削除したのはやはり都合が悪くなってしまったからであろうか。

さらに追及してみよう。

【スポンサードリンク】

ダメ男が好きだと公言していた「ほのかりん」

週刊文春にて、ほのかりんと彼氏である川谷の関係がよくわかった。

かなり話題になり知られすぎてしまったことから、ほのかりんの公式ツイッターは削除されてしまったようだ。

だが、ここまでは何も問題はないのではないか。

ベッキーや前妻とも完全に破局してしまった状態なので、川谷に批判はあるが今回の交際は不倫とかの類ではない。

まあ、ほのかりんの方は前の彼氏と同時並行の時期があった可能性もあるがベッキーの時のようなドロドロ感はあまりないだろう。

しかし、ほのかりんが2年以上も前から飲酒していたということが「サラっ」と書かれていたがそこについては文春はあまり追及していない。

この事実が知れてしまった以上、現在のレギュラー番組である「Rの法則」からほのかりんは降板してしまうのではないか。

芸能人であり、テレビにある程度出ている以上はお咎めを受けることになるのは自然なことだろう。

過去に、NEWSのメンバーの一部が公園で飲酒をしていたことでかなりのお咎めを食らってしまったがそれと同じようなケースではないだろうか。

黒髪ロングで清純そうに見えるほのかりんだからこそ、この文春のスクープはかなり手痛いと言わざるを得ない。

文春の記者は、2人にスキを見て取材をしようとしたみたいだが2人とも無言で去ってしまった。

しかし、事務所の方は双方とも交際の事実を認めているようだ。

なぜ、ほのかりんは川谷を選んだのか?

彼女は、「悲しみを背負っている悲壮感のある人」が好きなんだそう。

また、テレビでも以前に「ダメ男が好き」と公言していたそうでまさにゲス川谷が相応しいと思わせてしまうだろう。

ほのかりんは、川谷と付き合うことでリスクしかないと言われているが「ダメ男」好きな体質の人は世間体よりも自分の気持ちを素直に優先する傾向があると言われている。

ある意味では、気持ちいいぐらいのカップルではないだろうか。

ツイッターも削除した今後は、ほのかりんの芸能生活がどのようになるか興味が湧いてくる。

【スポンサードリンク】
CATEGORY :