往復書簡 十五年後の補習ネタバレ!湊かなえ原作のドラマを結末まで

湊かなえ原作の「往復書簡 十五年後の補習」がスペシャルドラマとして放送される。

ネタバレやあらすじ、キャストなど気になる人も多いのではないだろうか。

ここでは往復書簡 十五年後の補習のキャストから始まり、あらすじや結末のネタバレを公開するので参考にしてもらえればと思う。

【スポンサードリンク】

キャストとあらすじ

湊かなえ原作のドラマ「往復書簡 十五年後の補習」のネタバレとあらすじ、キャストについてまずは以下のキャストから紹介しよう。

・キャスト

岡野万里子:松下 奈緒
永田 純一:市原 隼人
坪井 由美:朝倉 あき
都築 健治:森永 悠希
阿部 智也:鈴之助
久保田綾子:大沢 逸美
永田 頼子:長野 里美
大島 百合:多岐川裕美
岡野万里子:西畑 澪花
永田 純一:福山 康平
大島 一樹:篠田 諒
久保田康孝:今井 悠貴
永田 恵一:山崎銀之丞
久保田 進:梨本謙次郎
亀山 隆三:鹿賀 丈史

以上が主要キャストになっている。

続いて、あらすじも紹介しよう。

・あらすじ

OLの万里子(松下奈緒)は、恋人の純一(市原隼人)が突然、辺境の国へ旅立ってしまったことに戸惑っていた。国際ボランティアに志願し、発展途上国の子ども達に勉強を教える任に就いた純一は、あと2年は帰ってこない。そんな大事なことを、純一は自分にも家族にも相談せずに決めてしまった…その理由は何なのか。電話も通じず、万里子は純一に宛てた手紙に不安な思いをつづることしかできない。

あくる日の朝、材木倉庫で女性の焼死体が発見される。現場を訪れた刑事の亀山(鹿賀丈史)の脳裏によぎったのは、15年前に同じ倉庫で起きた放火殺人だった。

15年前――。出火した材木倉庫の中に、当時中学生の万里子(西畑澪花)と、同級生の一樹(篠田諒)が閉じ込められた。万里子は駆けつけた純一(福山康平)に救出されたが、一樹は死亡。倉庫に外からかんぬきがかけられていたことから、放火殺人の線で捜査され、万里子たちの同級生である康孝(今井悠貴)に疑いがかけられた。だが、康孝は事件翌日に自殺。真相は解明されないまま、捜査は打ち切られたのだった。担当刑事だった亀山は、その結末をとても悔やんでいた。

死んだ女性の身元は、康孝の母親・綾子(大沢逸美)だと判明。その報道に驚く万里子のもとに、亀山が訪ねてくる。「15年ぶりですね。万里子さん、記憶は?」…実は万里子は、15年前の事件の直後、ショックで事件の記憶を失っていた。そして記憶の扉は、いまでも開かれていなかった。

数日後。綾子の告別式に、15年前の事件に関与した子どもたちの親が揃った。一樹の母親・百合(多岐川裕美)は、息子の死の真相を知りたいがあまり、記憶を取り戻そうとしない万里子を責める。

「純一君は万里子さんが思い出したら困ることでもあるのかしら?」

そんな中、海外の純一から手紙の返事が届く。そこには万里子の知らなかった、純一のある告白が書かれていた。次第に不安に押しつぶされていく万里子は、15年前の記憶が断片的に蘇るようになる…。

出典:http://www.tbs.co.jp/ofukushokan/

【スポンサードリンク】

結末ネタバレ

「往復書簡 十五年後の補習」のあらすじとキャストを紹介したので、最後に結末のネタバレを以下に紹介しよう。

このドラマは原作小説があるので結末も同じような展開になるだろう。

・ネタバレ

実は、この往復書簡の話は4つあり「十年後の卒業文集」「二十年後の宿題」「一年後の連絡網」、そして今回ドラマ化された「十五年後の補習」はその中でもかなりラストが大どんでん返しという内容になっている。

どの話も、登場人物は基本変わっているが中学・高校時代に起きた事件の真相が大人になってから伏線となって真相を知るという感じになっている。

今回の十五年後の補習についても例外ではなく、15年前に万里子と純一に起きた出来事が焦点となっておりそれが純一が海外に行ってしまう原因となっていることを示唆している。

2人が中学生の頃、材木倉庫の中に万里子とその同級生が火が燃えている中で閉じ込められ結果純一が助けられたのは万里子だけだった。

どうしてこのような事件になったのか、万里子は自分の失われた自分の記憶をたどってみるがなかなかうまくいかない。

亡くなった一樹の母親は当然のごとく真相を知りたいがために万里子にプレッシャーをかける。

そして、純一は手紙で15年前のことを告白することになりそれが衝撃的で含みを持たせる内容だった。

事件のきっかけとなったのは、実は万里子のせいだったのだがこれは思い込みによるものでしょうがなかった部分がある。

そこから、事態は万里子が気づかないうちにさらに悪化してしまう。

2人が直接手を下したわけではなく、どうしようもない状況で事件を回避するしかなかった。

そのため、2人が悪いというわけではなかった。

当時中学生だった二人は事態を最小限に収めようとするために自分たちで必死にやるべきことをやったと思う

むしろ、これに気づかなかった警察や大人がもっとちゃんとしていれば2人の今は変わっていたのではないかと。

純一の手紙のラストでは、一体2人に何が起こったのかという感じになってしまいものすごい展開が衝撃的ではあるがこれがドラマでどのように描かれているのか。

ただ、結末では純一の手紙が書き終えたところで終わってしまっているので万里子がそれを読んでいるのかどうかはわからない。

しかし、その後に小説では「1年後の連絡網」につながっているのでそこで少し手紙を書いた人物について触れられることになりまたさらに考えさせられる。

結局、ねっとりとした感じで終わる湊かなえらしい作品になったということだが色々と謎が残るラストになっている。

【スポンサードリンク】