椎名法子の旦那、斉藤紀由のがんの病状。ステージと余命に問題か

女優の椎名法子の旦那さんである斉藤紀由が悪性のリンパ腫という、いわゆる「癌」であることがテレビで取り上げられていたがその病状はテレビでは言えないこともあるのではないだろうか。

がんというと、真っ先に「ステージがどれくらいか」「余命などはあるのか」というのが最近では気になってしまうかもしれない。

また、椎名法子の旦那さんというのはあまり今まで知られていない存在でもあるので今回は旦那さんに焦点を当ててみたいと思う。

【スポンサードリンク】

Jリーガーの斉藤紀由

10年くらい前は、椎名法子はかなりドラマやテレビなどに出演して「マルチタレント女優」として活躍していた印象が強いが旦那である斉藤紀由と結婚してからは露出が一気に少なくなった気がする。

子供がいて、その状態で夫が癌というのは家族としては辛いとは思うがそれを乗り越えてやっていかなくてはいけないので椎名法子としては女優業よりも夫を優先してサポートしていきたいという考え方なのではないだろうか。

斉藤紀由は、Jリーガーとしてロアッソ熊本などで活躍していた。

癌と闘いながらスポーツを続ける姿は多くのファンにとっては希望の存在でもあろう。

しかし、現在は癌で余命宣告をされてからすでに3年が経っている。

ステージとしては、そこまでは軽い症状ではないと推定されている。

ステージ1~2ぐらいだと余命宣告などされないはずだからだ。

【スポンサードリンク】

癌は実際のところ進行しているのか

椎名法子の旦那である斉藤紀由のがんの病状は現在はどのような状態なのであろうか。

番組で3年目の段階で経過を観ていたが、あまり楽観視はできない状況のような気がする。

ステージと余命は密接に結びつくものであり、元気に動けている時はあまり余命宣告をされたことがあるという事実を忘れられることができるがちょっと調子が悪くなると自分が癌であることを思い知らされることになる。

椎名法子と夫の間にはすでに小さな子供がいるので、彼の具合によって今後の家庭の未来が左右されることになるだろう。

子育てもしながら、癌の夫をサポートしていくためには女優をやっている場合などないというのが正直なところではないだろうか。

まだ33歳という年齢で、見た目的にもかなり人気がある華やかな女優になれると思っていたが私生活の方がはるかに大事だろう。

悪性リンパ腫は、欧米では結構多いみたいだが日本ではそれほど多くはない。

そんな難病になってしまった旦那さんを全力でサポートするのは当然のことと言えるし、尊敬できることでもある。

【スポンサードリンク】
CATEGORY :