デスノート 逆襲の天才のネタバレ!映画最新作へ繋がる意外な結末

映画「デスノートLight up the NEW world」が2016年10月29日公開されることを記念して、地上波にて最初の映画版が再構築されて放送された。

藤原竜也と松山ケンイチが主演で2006年に公開された映画「デスノート」と「デスノートthe Last name」の2部作を、今回の最新作の重要人物である三島とLの後継者「竜崎」の視点から凝縮されて描かれている。

そのため、ベースとなっているのは最初の2部作のストーリーの再構築ではあるがこの地上波放送のためだけに撮り下ろされたシーンも少なくなくラストもかなり興味深いものになっている。

ここでは、今回の地上波特別放送版「逆襲の天才」のネタバレを結末までしていきたい。

【スポンサードリンク】

夜神月がキラとなり世界に存在を知らしめるまで

映画「デスノート逆襲の天才」のネタバレを早速冒頭から結末まで描いていこう。

・ストーリー(前半)

2016年となり10年前のデスノートによるキラ事件のことが世の中で忘れさられそうになっていた時、新生キラ事件と思われる事件が発生した。

これには10年前にキラ対策本部の一員だった松田や、キラについてよく知り尽くし現在対策本部に加わっている三島が捜査を先導していくことになる。

また、初代Lの後継者として認められた2代目Lの竜崎もこの難解な事件を推理していくことになるが2人とも10年前の初代キラvs初代Lの戦いを振り返っていた・・物語は10年前に入っていく。

夜神月、キラとして誕生する

イケメンで頭が良く、有名大学に通っている夜神月はある日道で一冊の黒いノートを見つける。

そのノートは、「DEATH NOTE」と書かれており「そのノートに名前を書けばその人物が死ぬ」という信じられないようなモノ。

月は、反省しない犯罪者や明らかに殺人を犯しているのに不起訴になったりするこの世の中を心の中で嘆いていた。

そんなところに一冊のデスノートを手に入れ冗談半分でテレビで報道された犯罪者の名前を書いてみたら実際に心臓麻痺でその人物が死んだ。

これに月は、自分が世界を変えることができる唯一の人間として認識し次から次へとノートに犯罪者の名前を書いていつしか世界中の犯罪発生率は下がっていった。

ほぼすべての人物が心臓麻痺で亡くなっていることから、一人の人物が見えない力で犯罪者に裁きを行ってくれていると考える人々が多くなり「キラ様」と世の中では崇拝される傾向になった。

大学生の夜神月には彼女である秋野詩織という存在がおり、家族も父親と母親に妹という4人家族で何不自由ない暮らしを送っていたがデスノートを手に入れてからは「自分の裁きだけが未来をよくする」という考えしかなくなっていった。

世界的名探偵のLだけが、キラ対策の希望となった

キラの裁きが発生してから1か月以上経ち、日本の警察ではどうしていいかわからない状況だった。

実は、夜神月の父親である総一郎は警察の人間であったが月がキラなんてことは夢にも思わない。

最初は、この一連の犯罪者の死亡には「新種のウィルスなのではないか」との見解も示されそうになったが警察上層部の力で数々の世界的な難事件を解決した経験を持つ探偵「L」を日本に呼び寄せる。

Lの推理力は到底凡人には想像できないほどで、最初にキラが殺した被害者が日本の関東地区であり、さらにキラに対して生放送で呼びかけ挑発して偽のLを殺害させるというトラップを仕掛けたことにより「キラが日本の関東に住んでいる可能性が高い」という結論を出した。

さらに、Lのデータ解析によりキラの裁きが行われる時間は「まるで大学生の時間割」のようであり「学生」というプロファイリングまでにたどり着いた。

生放送でのトラップに引っかかった夜神月は、Lを只者ではないと意識し始める。

また、夜神月は自分のノートPCでいつでも警察内部の情報にハッキングして捜査状況を調べることができる状態にあったがそのせいでLからは「警察内部の人間もしくはその家族」に疑いが向けられることになる。

そして、Lの判断で夜神家に盗聴器とカメラを至るところに設置して月の行動に不審な点はないか調べることにした。

松田や他の同僚たちからは「やりすぎ」と反対意見が出たが、自分の息子が疑われていることがたまらない部長の総一郎は「やるなら徹底的にやってくれと」了承。

しかし1週間の間、家の至るところをカメラを通して監視していたが夜神月は勉強しているフリをしながら食べているポテトチップスの中に小型テレビを仕込んでデスノートの切れ端も仕込みカメラからは全く見えないところで犯罪者を裁き続けていた。

月には、盗撮と盗聴はすぐに気づいていたのだった。

そして、不審な点はないと判断してLは疑いの目を向けながらも月の監視を中止することに。

夜神月がFBIたちの追撃を振り切り始末して難を逃れた

その頃、月は2~3日前からとある男に尾行されていた。

アメリカから、キラの捜査のためFBI捜査官12人が日本に送り込まれていたのだ。

Lの意向により、キラではないかと思われる怪しい人物に対して尾行するようにFBIは言われており月もキラの疑いがかかっていたので日系アメリカ人の男にマークされていた。

それに気づいた月は、一瞬戸惑いを見せたが詩織と一緒にバスに乗り込みバスジャック犯を利用して男の名前を確認することに成功。

デスノートは、名前と顔を見なければ書き込んでも効果がないのでノートの特性を活かしながらFBIの男に身分証を提示させることに成功したのだ。

そして、バスジャック事件は月の予定通り解決し今度は電車の中でFBIの男を操ることに。

男には、他のFBI捜査官11人の顔と名前を認識させデスノートに男が名前を書かせることに成功。

そして月を尾行していた男も、デスノートによって始末され月の思い通りになった。

しかし、男には元FBI捜査官の婚約者がいた。

南空ナオミという名前だったが、偽名を使い月がキラであるということを勘づいていた。

そして、月の本性を暴くために美術館に月の恋人である詩織を呼び出し人質に。

月に連絡させ、銃口をつきつけてキラであることを自白させようとする。

しかし、詩織がスキをついて逃げ出そうとした瞬間に思わず詩織に発砲。

詩織の死に嘆く月を見て、精神錯乱状態になり自分に銃を突きつけ自殺。

これはラッキーと思えるような状況にも見えるが、実はこれもすべて月の計算通り。

詩織とナオミの名前、両方ともデスノートに書き込み巧い事2人が死ぬように操っていたのだった。

「世の中を変えるためには、多少の犠牲は必要」と月は言う。

こうして、月は恋人の詩織がキラのせいで死んでしまったという「肩書き」を得ることができキラ対策捜査本部に加わることに成功した・・。

【スポンサードリンク】

Lとキラの決着からラストまで

映画「デスノート逆襲の天才」のネタバレについて、ラスト結末までこのままいっちゃいましょう。

・ストーリー(後半)

弥海砂が第2のキラとして誕生

FBIを片づけた月は捜査本部に加わり、Lと対面し一緒にキラを見つけ出すことに。

その頃、アイドルをしている弥海砂はストーカーに追われている最中にデスノートを見つけた。

これは「第二のデスノート」であり月についた死神リュークとは別のレムが海砂についた。

そして、海砂は強烈なキラ信者であり月にずっと会いたいと思っておりそれが実現した。

海砂は、「顔を見るだけでその人物の寿命と名前がわかる死神の目」をレムと取引しており月の強力なパートナーとなった。

とにかくLを始末したい月は、海砂を利用してある日大学にて偶然遭遇したLと海砂を合わせLの名前を見させることに成功した。

この瞬間、月は「勝った!」と確信したが海砂が警察にキラ容疑で拘束されることになった・・。

夜神月が海砂を利用しようとするが失敗し2人とも拘束状態に

海砂が捜査本部の監視の元拘束されたことによって、月はプランの修正を余儀なくされた。

そして月がとった行動は「自分が実は無意識のうちにキラとして行動しているのではないかとLに伝え自分の行動を監視させ無実を証明する」というもの。

月と海砂が拘束されて3週間ほど経ったとき、新たなキラによる殺人が始まった。

それにより、拘束されている2人のアリバイが証明されたことで自由になった。

これも月の計算通りで、デスノートの所有権を一旦放棄して別の人間にキラの役割を託すというものだった。

Lも、思ってもみない展開に驚いていたが月に対する疑いはこの段階でも解かなかった。

そして現在はデスノートを所有して使っているのは同じくキラ信者の高田清美。

彼女は、デスノートを利用してテレビ局のキャスターに昇格しキラの想いの通り犯罪者を裁いていた。

しかし、デスノートの所有権を一旦放棄したことによって記憶を失った月の推理によってあぶりだされてしまう。

ついに決着、キラとLの運命

海砂と月は、デスノートに関する自分の記憶を失ったままだったがLと共に高田清美がキラであると暴くことに成功した。

そして、高田清美がテレビ局に訪れた際に捜査本部の警察が囲み彼女を取り押さえる。

Lや他のメンバーがデスノートに触った瞬間、死神であるレムの姿が見え阿鼻叫喚。

しかし、月がデスノートに触った瞬間に今までの記憶が戻り心の中で一言。

「計画通り!」

すぐに所有権を取り戻すべく、腕時計の中に仕込んだノートの切れ端に高田の名前を書き込み始末。

拘束されたこと、所有権を一旦放棄してリュークに記憶を消されることなどはすべて計算通りだったのだ。

そして海砂にも樹海に隠しておいたデスノートを触らせリュークと再会して記憶が戻る。

これで、今度こそLを始末することができると考えた月。

捜査本部に戻り、他のメンバーがいない時に死神にLの名前をノートに書かせて殺害することに成功。

その死神はレムであり、死神が海砂に好意を持っていることを知っていた月はこうなることをすでに計算していたのだ。

死神が人間を助けるためにデスノートを使うことをしてはいけない決まりがある。

その掟を破ってでも、月の策略で捜査本部に呼び出した海砂を助けるためにLとその参謀であるワタリを殺して自分は砂となって消えてしまったのである。

Lの死に際で、勝ち誇ったような顔をしている月。

最高の気分だろう。

Lがいなくなり、自分が神となる障害がなくなった月は父親である総一郎や他の捜査本部メンバーをデスノートで始末することに。

しかし、月が持っているデスノートは偽物にすり替えられており総一郎などの他のメンバーは死の予定時間になっても死ななかった。

そして、そこには死んだはずのLも現れた。

死んだフリをしていたのだった。

Lは、デスノートの特性を利用して「自分が23日後に死ぬように本物のデスノートに自分の名前を書く」という荒業を予め仕込んでいた。

レムがデスノートにLの名前を書いても死ななかったのはそのためだった。

自分が23日後に死ぬように先に名前を書いてしまえば、逆を言えばそれまではもう一つのデスノートに名前を書かれても死なないということになるのだ。

自分の命を張って月をキラだと追い込んだ。

月は、狼狽して死神リュークに助けを求めた。

しかしリュークは、デスノートに「夜神月」と記載した。

「月、俺に頼るようじゃもうおしまいだな」とのこと。

最期は、自業自得と言わんばかりに心臓麻痺で死んだキラこと夜神月。

こうして初代キラ事件が解決され、Lはデスノートの通り23日後に息をひきとった。

その1年後、デスノートの記憶だけがなくなった海砂は普通に生活していた・・・。

これが、10年前のキラ事件であった。

最新作へ続く・・。

関連記事
・デスノートNEW GENERATIONのネタバレ!三島、竜崎、紫苑編
・デスノート2016のネタバレ!Light up the NEW worldをラスト結末まで

【スポンサードリンク】