デスノート2016のネタバレ!Light up the NEW worldをラスト結末まで

待ちに待ったデスノートの続編、2016年10月29日公開初日の朝イチに映画館に行って観に行ってきたので早速ネタバレを冒頭からラスト結末までまとめました。

今回の「デスノートLight up the NEW world」は、藤原竜也と松山ケンイチが激しい頭脳戦を繰り広げたあの戦いから10年後の世界となっている。

映画公開前から、夜神月の復活とか初代Lの再登場など話題性がすごかっただけにどのような結末になったのか。

観たまますべてをここに記載したので参考になればと思う。

【スポンサードリンク】

デスノート2016のあらすじとネタバレ

「デスノート2016(Light up the NEW world)」のネタバレを早速冒頭からラスト結末まで記載していこう。

とりあえず、分かりやすいようにまず主要登場人物をさらっと確認。

三島創 – 東出昌大
竜崎 – 池松壮亮
紫苑優輝 – 菅田将暉
青井さくら – 川栄李奈
松田桃太 – 青山草太
黒元晋 – 竹井亮介
浦上衛 – 大迫一平
須加原順郎 – 金田明夫
死神リューク(声) – 中村獅童
アーマ(声) – 沢城みゆき
ベポ(声) – 松坂桃李
弥海砂 – 戸田恵梨香
御厨賢一 – 船越英一郎
L / 竜崎 – 松山ケンイチ
夜神月 – 藤原竜也

・ネタバレ

デスノートが再度人間界に

冒頭では、死神界から6冊のデスノートが地球に落とされた様子が描写されている。

10年前に、夜神月がキラとなり人類に粛清という名の大量殺人を行ったことが死神界では話題になったらしく死神大王がそれを面白がりさらに人間界を面白くしようとまたデスノートを落とした。

ロシアで、極寒の地で一人の男が道に落ちていたノートを見つける。

医者をやっているその男は、民家で老人を介護していたようだがその老人が「もう殺してくれ」と言ったので半ば冗談半分でデスノートに老人が安らかに眠れるように名前を書いてみた。

その男が出かけようとした時、老人の息を感じられなかったので脈を図ってみたら死んでいたことが分かり狼狽する。

しかし、数ヶ月後にはすでに多くの人々の名前を書いている男の姿があった。

狂ったようにノートに名前を書いており、世界中ではキラが復活したと報道されるようになり人々に知れ渡った。

デスノートによる無差別殺人と新たな死神

時を同じくして、日本ではもう一人のデスノート所有者である青井さくらが渋谷にいた。

新たな死神「ベポ」に「キラよりもっと面白いものを見せてあげる」と話しかけていた。

青井さくらは、渋谷のスクランブル交差点のど真ん中で道行く人の名前をデスノートに無差別に書き込んで心臓麻痺で次々と殺していった。

彼女は、「死神の目」を持っているため顔を見ただけでその人物の名前と寿命がわかるのだ。

次から次へと人が倒れていくカオスな状態になり、渋谷の街は大パニック。

そこにデスノート対策本部のメンバーである三島たちが駆けつけるがデスノート所有者に発砲許可は降りていない。

しかし、デスノートによる無差別殺人を続ける青井さくらの前にLの正式な後継者「2代目L:竜崎」が現れた。

竜崎は、ためらいなく銃で青井さくらを撃ち彼女は死亡した。

無差別殺人はとりあえずストップした。

後日、三島は竜崎が発砲したことを本人に責めたが「あれは麻酔銃だ」とのこと。

実は別のデスノート所有者が、同時刻に青井さくらをノートに書いたことで彼女は死亡したということがわかった。

その所有者は、恐らくキラ信者であり新生キラとして粛清を全うしている紫苑。

紫苑は、幼い頃に初代キラ(夜神月)によって自分の精神が救われたことがあったためキラの復活を待っていた。

そしてサイバーテロリストとして活動し世界中のネットワークに簡単に侵入できる彼の目的は、この世に散らばっている6冊のデスノートをすべて集めることだった。

青井さくらが死んだことでデスノート対策本部は彼女が持っていたデスノートを手に入れることができた。

そして、竜崎たちはノートを触って死神ベポの存在を確認した。

黄金色をした新しい死神であり、ベポによると「人間界では6冊までデスノートの存在が許されている」とのこと。

ちなみに、仮に7冊目以降が人間界に持ち込まれてもその7冊目は効力を持たないという。

ただ、死神が直接デスノートを使う場合はこの限りではないとのこと。

押収したデスノートは厳重に保管されることになった。

夜神月と弥海砂、降臨

突然、世界中のPCやスマホ上に夜神月の映像が流れた。

月は、「キラは神。人間に勝てるはずがない。」ということを繰り返し連呼し世間を騒がせた。

この映像は強制的に警察内部にも流れ、三島や竜崎を始めとするデスノート対策本部のメンバーたちも当然知ることとなった。

キラのことならなんでも知っているという「キラおたく」の三島は、10年前の夜神月と弥海砂についておさらいをしていた。

夜神月は生きているのか?

弥海砂は何をやっているのか?

海砂は、現在も生きており以前はアイドルだったが現在は女優業をしているという。

10年前にデスノートの所有権も失っており、月に関する記憶だけが残った状態で普通に仕事をこなしていた。

ある日、海砂が部屋にいるとどこかから「ミサ・・」と声が聞こえてきた。

それは月の声だった。

声の場所を探してみると、コンソメ味のポテトチップスの袋の中からスマホが入っていた。

月の声は、そのスマホからで月からの贈り物として一冊のデスノートもプレゼントされていた。

そばにあったデスノートを触ると、10年前の弥海砂の記憶がよみがえった。

そのデスノートについている死神はリューク。

リュークは、「海砂、久しぶりだな。」と言った。

海砂はリュークに、月が生きているのかと聞いたがリュークはただ笑うだけで去っていった。

そして海砂が駐車場で車に乗り込んだところに紫苑が現れた。

紫苑は、自分がキラの意思を継いでいると言い海砂に「キラが死ぬ前に言っていた約束の場所に行こう」と告げた。

海砂は紫苑のことを信用できずデスノートを返そうとしたが、紫苑は海砂がデスノートを持つべきだと言い去っていった。

初代Lの登場と松田の死

新生キラから捜査本部にメッセージがきた。

それは、「指定した日付に、Lにテレビ放送に顔と名前付きで出演させなければ大量の粛清を行う」という脅迫だった。

これは紫苑の仕業で、世界中の重要人物などの個人情報(顔や名前など)をハッキングで簡単に知ることができるためいつでもほぼ誰でも殺せるという意味合いもあった。

デスノート対策本部のメンバーは、実は10年前のキラ事件に関わった松田以外は全員偽名でお互いの経歴も明かさないというルールがあった。

なので、三島らの本名はわからない。

しかし、このままでは他の多くの犠牲者が出ることになってしまうのでLはある対策を打った。

Lは、初代Lのメッセージ付き映像をに紫苑送りリアルタイムチャットに誘導した。

竜崎と紫苑は、チャットで会話し音声でのやり取りに移行した。

その間、他のメンバーは紫苑の場所を逆探知し突き止めすぐにその場所へ向かった。

竜崎は、紫苑との会話を引き延ばすように喋っていた。

そして、紫苑は「メッセージは受け取った」と言い残し会話が終わった。

紫苑がいると思われる場所へ向かった松田ら対策本部メンバーはマンションの一室に着いたが、そこには誰もいなかった。

しかし、奥の部屋で松田が夜神月の声を聞いた。

そこに松田が入ると、音声だけが残っておりそばには紙が置かれていた。

それに書かれていたのは、「松田桃太 笑いながら拳銃で自殺」という文章だった。

デスノートによって、三島たちの前で松田は自殺してしまった。

竜崎もデスノート所有者だった

松田が死んで、上層部はデスノート対策本部では手に負えないと判断してここからは捜査一課が動くことになった。

対策本部は解散となったが、三島は紫苑が発した「メッセージは受け取った」という言葉に違和感を覚えていた。

気になって竜崎が紫苑に向けて流した加工された初代Lの映像を解析してみると、「自分もデスノートを一冊所有している」というメッセージが浮かび上がってきた。

なんと、実は竜崎もデスノートを所有しており自宅には「アーマ」という品のある恰好をしている女性っぽい死神と同居していた。

マスカットが好物のようだ。

外にいる時は所有権を放棄し、自宅に戻った時だけ電気のスイッチにデスノートの切れ端をつけて触らせて記憶を戻すという生活をしていたのだ。

それを突き止めた三島は、竜崎の自宅で待ち構えており銃を竜崎に向けた。

しかし、竜崎はLの後継者としてデスノートを利用することはないと固く言った。

それをとりあえず信じた三島は、竜崎の自宅を後にした。

しかしその瞬間、警視庁の捜査員に三島は拘束されることになった。

三島は、「キラに関するある重大な情報を隠している」という疑いをかけられ拘置所に閉じ込められた。

その頃、紫苑は最高裁判所の判事である御厨賢一のところに侵入して訪れていた。

御厨は、キラ信者が気に食わないとして自身が持っているデスノートで次々とキラ信者を裁いていたのだった。

しかし紫苑が御厨をデスノートで殺害しまた一冊回収した。

海砂がついに死亡

三島は拘置所に監禁されていたが、竜崎が鍵を開けて2人で脱出した。

すでに4冊のデスノートを回収した紫苑は竜崎にコンタクトをとり、竜崎と警察が所有しているデスノート2冊も回収し約束の場所へ行こうとしていたのだ。

竜崎と紫苑は、お互いにショッピングモールで顔を見せ合って取引することになった。

三島は、竜崎に協力して警察内部の監視カメラでショッピングモールの様子をモニタリングしていた。

竜崎と紫苑は、まずお互いのデスノートが本物かどうかというのを確かめ合うためにノートの切れ端を駅のコインロッカーと広場のベンチにそれぞれ隠しておき死神がついていることを確かめあった。

竜崎が紫苑のデスノートの切れ端を触った時、リュークが見え「前のLのように死んでいくのかな~」と言われた。

そして竜崎はショッピングモールへ向かう。

その頃、警視庁周辺で妨害電波が発生し三島と竜崎は連絡が取れなくなる。

同じ対策本部メンバーだった七瀬が妨害電波装置を見つけ叩き壊すが、すでに紫苑の思惑通りになっていた。

竜崎がショッピングモールで顔をさらした時、その先には海砂がいた。

海砂は死神の目を持っており、竜崎が拳銃を発砲する前に竜崎の本名をデスノートに記載して竜崎はその場に倒れた。

海砂と紫苑は合流し、海砂は紫苑に「約束の場所へ行け」と言われたが「それはあなたが行くべき。約束の場所は強羅山のホテル。」と言われ紫苑だけがそこへ向かうことになった。

海砂は、七瀬と三島以外の対策本部メンバーにモール内で確保されそうになったが即座にデスノートに名前を書き込んで始末した。

そして、海砂は最後に自分の名前をノートに書いた。

「夜神月の腕の中で息を引き取る」と。

海砂は外に出て、ゆっくりと死んでいった。

デスノートは死の時間や状況を操れるが、物理的に不可能なことはできないので一人で息を引き取った。

新生キラの正体と真相

紫苑は、6冊のデスノートをカバンの中に入れ「約束の場所」である強羅山のホテルの一室にたどり着いた。

そこには誰もいなかったが、「これから真のキラが現れるはずだから死神の目を持つ」と言った。

リュークは、紫苑に死神の目を与えた。

そしてそこに現れたのは、三島だった。

ただ、三島は顔を隠しながら銃を向けており紫苑が求めている人物ではないようだ。

その後、今度は竜崎が現れた。

「死んだはずじゃ?」

紫苑は、すぐに竜崎の本名をデスノートに書き込んだが死なない。

竜崎は、「ずっと前から自分の名前が先にデスノートに書かれていればその後に書かれても死なない」という。

事態がよくわからなかったが、真の新生キラは「三島」だと竜崎は言った。

三島は自覚もないので必死に否定していたが、「所有権を失っているだけだろ?」と竜崎に問い詰められデスノートを触らされた。

一瞬、デスノートに触っても何も起こらないように思えた三島だったが過去の記憶がよみがえってきた。

それは、三島が「本当の新生キラ」である記憶だった。

昔、最初のキラ事件が起こった時の海砂の担当検事は魅上という人物だった。

しかし、魅上は1年前にこの約束の場所で失踪している。

それは、三島に銃で撃たれて持っていたデスノートを奪われたからだった。

そして、さらに重要な事実として夜神月は海砂との間に昔アメリカに遺伝子を残していた。

その遺伝子で育った人物が三島とのこと。

何かあった時に、夜神月は自分の後継者を残しておいたのだという。

三島は、それを受け継いで「犯罪者は裁くべきもの」と考えデスノートを手に入れてから粛清を行った。

そして、リュークに「所有権を放棄する。然るべき人間に渡してくれ。」と言い紫苑の前に落としたのだった。

だから三島は記憶がなかった。

そして、その時に竜崎の本名もデスノートに記載していたので海砂に名前を書かれても死ななかったのだ。

ショッピングモールでは死んだフリをしていただけだった。

これですべての事実が揃った。

新生キラが三島だということを知った紫苑はショックを受け、こっそりと腕時計の中に仕込んでいたノートの切れ端に三島の本名を書き込もうとした。

しかしその時、警官隊が突入してきて外からもヘリで3人を狙撃してきた。

「国策」として内閣総理大臣から「殺害もやむなし」と許可を得て、デスノートを回収しに来たとのこと。

部屋から地下道へ脱出した竜崎と三島だったが、紫苑は警官隊をデスノートで始末していったが数が多すぎて間に合わず最後は一斉射撃で殺された。

地下道を2人で歩いている時、捜査員の七瀬が現れて「これで無事にデスノートを回収できる」と言い真の新生キラである三島に銃を向けた。

七瀬の兄は犯罪者で、以前に三島にデスノートで殺されたことがあったとのこと。

三島は覚悟したが、そこに死神「アーマ」が現れてデスノートで七瀬を殺した。

竜崎と「真の友」と呼び合っていたアーマは、竜崎と三島を助けたのだ。

そのため、死神界のタブーを犯したアーマは砂となって消えてしまった。

泣き叫んで嘆く竜崎。

そこに、警官隊が大勢現れ2人とも確保されてしまった。

終わらないデスノート遊び

後日、三島は拘置所に閉じ込められていた。

そこに竜崎が入ってきた。

三島が竜崎の名前をデスノートに書いて指定したのはこの日だった。

竜崎は間もなく死ぬ。

そこで、竜崎は「今後Lの役割を三島がやるように」と三島が大切にしてきた捜査ノートを返した。

警察によって回収された6冊のデスノートは、ICPOに引き渡されたが封印のため移送中にノートを狙うテロリストに奪われ4冊が燃やされ、2冊がまだ人間界に存在しているという。

先日、2人が三島が確保された時にリュークいわく、「6冊ルールは絶対だが、人間の欲望がある限り同じことはずっと続くぜ」とのこと。

まさに、その通りになった。

また、死神がこれほどキラの後継者探しをしているのは「後継者を育てた死神は次期死神大王になれる権利を得る事ができるからだ」という。

リュークはそれを言い残して去っていったのだ。

そして、今度は竜崎の代わりに三島が次期Lとして名乗り活動していくことになる。

竜崎は拘置所で三島として死に、三島はLとして拘置所を出て歩いていった。

ここでエンドロールが流れる。

そしてエンドロール後のワンシーン。

夜神月の映像が流れ、「計画通り」と言い残して映画終了。

【スポンサードリンク】

感想や解説など

「デスノート2016(Light up the NEW world)」のネタバレについて、ラスト結末までお送りしました。

まず、全体的な感想としては前回のデスノートに比べると高度な心理戦の描写などが少なくなりちょっと大味になったかなと。

6冊もノートが存在しちゃうんじゃ、それの争奪戦で物語が終わっていったのは納得だが。

でも、リュークや弥海砂、それに夜神月や初代Lが登場したのはファンにとっては興奮だったのではないか。

結局、月が復活するというのはあり得ないと思ったし実際になかったけど映像を通して今回のストーリーに大きく関わってきたのは面白かった。

もちろん総合的には面白く観に行ってよかった。

最終的には、2冊まだ人間界に残った状態で終わったので続編がそのうちまたありそうな気がするんだが・・。

燃やしてなくしてしまったら、また死神界から補充されての繰り返しになるので6冊すべてを存在させて封印しないといけないというのが大変そうだ。

また、6冊のデスノートを誰が所有していたのかという点では省かれていたところもあったのでそこは「フィクションだから」ということでまあいいかと。

そういえば、ニアが登場するのではないかと期待していたが全く出てこなかった。

「New Generation」にちょっと出てただけだったな・・。

今度は三島がLになって映画続編が上映されるのを期待しよう。

そういえば、ラストの「計画通り」が気になる。

もしかして、三島が竜崎をああやって殺して自分がLとして指名されることが最初から計算されていたことなのだろうか・・。

関連記事
・デスノートNEW GENERATIONのネタバレ!三島、竜崎、紫苑編
・デスノート 逆襲の天才のネタバレ!映画最新作へ繋がる意外な結末

【スポンサードリンク】