華原朋美、病気か。病名が「うつ病」なのは過去にもあった

歌手で何かとお騒がせしていた華原朋美が体調不良を訴えていたという。

過去に長期活動休止していた時はうつ病だったというが、今回も同じような病気・病名である可能性も高い。

関係者からは「気分的にかなり落ち込んでいるようだ」との趣旨の発言があったことからメンタル的なものではないかという声も多いようだ。

今回は、華原朋美の現状と過去の活動休止について言及していきたい。

【スポンサードリンク】

過去に活動休止をしていた時は相当やばかった

華原朋美の体調不良は病気によるものだとしたら、うつ病に近い症状ということも十分にあり得る。

仮にそうなったとしても事務所サイドとしては病名の公表は避けるだろうが過去に同じように精神的に参ってしまった時期があったからだ。

42歳になった現在では、過去の負の遺産を吹っ切ったかのように元気な姿でテレビにも出演するようになったがデビューしてからしばらくは小室哲哉との関係で相当やばかったようだ。

恋愛体質だった彼女は、当時自身のプロデュースをしていた小室哲哉に相当に心酔をしていた。

そのため、男女の関係になってしまってからはかなり依存体質になり事あるごとに彼に対して突っかかるようになってしまったのだという。

そのため、歌番組などに出演している時も明らかに様子がおかしく気持ちが沈んでいたりする場面も見受けられた。

代表的な曲はいくつかあるが、「I believe」を某番組で歌っている時の華原朋美は呆然自失状態で相当やばかったという映像を見た事があり多くのファンが心配していたようだ。

今回の体調不良も、長期休養に結びつくのだろうか。

【スポンサードリンク】

長期休養となると、かなり深刻な状況

華原朋美が過去に病気になり、うつ病を患っていたと言われているが実際の病名はわからない。

ただ、今回は男性関係のもつれやトラブルなどが見受けられないために純粋な過労なのではないかとも言われている。

しかし、11月3日に予定していたコンサートを急遽中止にするというのはよほど具合が悪いものでかなり心配せざるを得ない状況なのではないだろうか。

体調不良で1週間ほど前から入院していたという報道もあったので、コンサートはぎりぎりまで判断を待ったのかもしれないが結果的に中止になったことで今後の診断結果が気になるところではある。

発熱や倦怠感があるということなので、過労であって欲しいが万が一というのは避けたいところ。

長ければ半年~1年間の活動休止になることもありえるという話なのであまりにも重い病気だとしたらショックを隠せない人が多いだろう。

ただ、現在は交際している彼氏とは順調そうなので長期休養に入ったとしても支えになってくれる人物がいるので大丈夫かもしれないな。

【スポンサードリンク】
CATEGORY :