星野源の病気。パニック障害の原因と現在の活躍ぶりが違いすぎる

ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)」で主人公の新垣結衣と共演しているミュージシャンの星野源。

逃げ恥を観て、新垣結衣の可愛さに思いっきり目がいくと思うが星野源のキャラクターもかなり評判が良い。

しかし、彼は過去にパニック障害という病気を克服したことがあって現在に至っている。

また、くも膜下出血にもなったことがあるのでかなり暗い過去を乗り越えて現在の活躍を勝ち取ったと言えるだろう。

今回は、この星野源について言及していきたいと思う。

【スポンサードリンク】

星野源の病気はテレビで明かされたことがある

星野源が病気になって苦しんでいた過去があったということは最近逃げ恥を見てほんわかしている多くの人にはそんなに知られていない。

2014年2月に放送された情熱大陸では、パニック障害やくも膜下出血などの病気であったことを告白していたことがあった。

2011年頃からアーティストとして売れ出してきて2013年には俳優としても活躍してきた人物だったが、同じころに病気になっていたことがあったとは・・。

大人気ドラマ逃げ恥では、ガッキーがよくドラマ内で情熱大陸妄想をやったりしているがこれを知ってしまったら星野源の暗い過去が想像されてしまうじゃないかと。

ただ、現在はもちろんそれを克服してドラマを観てもわかるように健康に生活しているのである意味では病気になったことで痛みを知って今のブレイクがあるのではないかとも言える。

パニック障害になってしまった原因としては、これまた意外なのだが幼少期や学生時代にはいじめを受けていたという話だ。

ドラマ内では内向的なキャラクターだが、一歩ドラマを離れて現実世界の星野源を見ているとかなり明るいキャラクターであると感じてとても病気だったようには見えない。

しかし、かなり当時は苦しかったようだ。

【スポンサードリンク】

当時はかなり苦しんでいた・・

星野源、現在は逃げ恥効果でかなりブレイクしているが過去にはパニック障害などの病気で相当やばかったみたい。

いじめが原因の一つと言われている。

小学校時代に、おもらしをしてしまったことからイジメられる対象となってしまいそこから小学校を卒業して進学しても学校にいけない時期があった。

いわゆる、不登校というやつだ。

しかし、歌手として俳優として現在活躍していることで過去の自分があったからこそではないかとも思える。

2013年にはくも膜下出血になってしまい良い時期と悪い時期があり、これほど波瀾万丈だったミュージシャンもなかなかいないだろう。

しかし、完全に今ではガッキーと一緒にイメージ急上昇なのでこのままの状態を保ってもらいたい。

【スポンサードリンク】
CATEGORY :