ブラックフライデー2016 イオンの商品がほぼ激アツな件。3日間に集中

2016年から日本でもイベントとして正式に取り入れられたブラックフライデーは、今後も激アツな3日間となるのだろうか。

アメリカから輸入した形となったイベントだが、イオンの商品は相当に激アツで大人気だということが判明。

今回は、11月25日(金)~11月27日(日)の3日間で開催されているイオンの激安目玉商品などをピックアップしたいと思う。

【スポンサードリンク】

イオンのブラックフライデーは激アツらしい

2016年のブラックフライデー、各企業のお店でも相当力を入れていてイオンの商品も例外ではない。

ブラックフライデーというと、「なんか怪しい」というイメージがつきまといそうだが全くもってクリーン。

ネーミングが「黒い」だけであって中身は激アツ。

イオンモールの場合は特に、先着96名だけに死ぬほど安く販売している商品も多数ある。

ちなみに、これは初日だけではなく3日間それぞれで先着ということなので初日のブラックセールを見逃してしまった人は土日を狙ってチャレンジもできる。

もちろん、以下で一部紹介するが通常のセール商品でも50%オフは当たり前で購入する我々もフィーバー状態。

チェックのネルシャツが890円だったり、オシャレなハットが500円だったり。

イオンのスーパーでも大規模セールをやっているので人の数が半端ないが、それでも9900円の商品が100円になっているという異常状態で脳内興奮。

この大規模セールは、モール内のほとんどの店で実施されていることに加えてイオンはほぼ全国お近くの場所にあるのでかなり立ちより安い。

地域限定セールなどではないから、ブラックフライデーに飛びつくには消費者的には美味しいということ。

さすがにセール商品が膨大すぎて紹介しきれないが、洋服だけではなくゴディバのチョコレートがあり得ない値段で手に入る。

また、串カツ屋で半額だったり「はなまるうどん」や靴下などの普段から安いものも「ブラック=黒」にちなんで96円という価格になっている。

イオンモール側も、「衝撃特化」「クロ値段」「50%オフ」というのを大々的に打ち出しているので近くに店舗がある場合は一度は行ってみないと損ではないだろうかとも思わせるのだ。

【スポンサードリンク】

ブラックフライデーは企業にとっても消費者にとってもプラス

ブラックフライデー2016、イオンの商品をPRしているのはお笑い芸人「ブラックマヨネーズ」。

なぜブラマヨがPRしているのかは、もはや言う必要はないだろう。

もともとはアメリカの「サンクスギビング」という感謝祭イベントで大セールをやっており、それが日本でもイベントとして導入して小売業全体の活性化を図ってみようということで有名企業などがこぞって開催するようになった。

ニュースなどでも、夜の終電がなくなるギリギリまでブラックフライデーセールを開催しているお店をはしごして感動している若者たちの姿があった。

ただ、あくまでも「活性化」であるので大特価セールをして利益が出るのかどうかというのはわからない。

しかし我々消費者にとってはほぼ得しかないので、来年以降も定着して欲しいというのが本音ではないだろうか。

ちなみに、「ブラック」というネーミングはアメリカの夜に大勢の人がお店に押し寄せている様からつけられたものらしい・・・。

【スポンサードリンク】