山岡久乃の養女が秘密を告白!泰子が降板など真相について語った

女優の山岡久乃と聞いても、あまりピンと来ない人が多いかもしれないが「渡る世間は鬼ばかり」のお母さん役と聞くとものすごく有名。

爆報THEフライデーでは、彼女が死の晩年に養女を子供として迎え入れていたことが判明したが番組内で裏の秘密について告白していた。

ドラマでは突然降板してしまい、謎の消え方をした山岡久乃だったが養女の泰子の告白とさらなる真相について迫っていこう。

【スポンサードリンク】

山岡久乃について

現在もなお、スペシャルドラマが毎年のように放送されている長寿番組「渡る世間は鬼ばかり」で5人姉妹の母親役として長年活躍してきたのが山岡久乃。

そんな彼女には、泰子という養女がいたという秘密があり爆報THEフライデーでもその事実を放送していた。

山岡久乃は森塚敏と結婚して旦那さんと仲良く暮らしていたが、2人の間に子供はいなかった。

途中で離婚してしまったということがあるからだ。

しかし、泰子を養女にしたということは子供が本当は欲しかったのか年齢を重ねてから心変わりしたのかもしれない。

山岡久乃は、「渡る世間は鬼ばかり」を周りの反対を押し切って降板したあとには胆管癌で死去することとなった。

この降板には、当初は原作者であり有名な脚本家の橋田壽賀子との確執などが噂されていたがこれは誤解だった。

山岡久乃が1990年~1998年まで同シリーズのドラマに出演していたが作中では旅行先で突然事故にあって死亡してしまうという設定で消えた。

これには、当時番組を観ていた自分もショックだったが山岡久乃が降板を申し入れたという事実しか知らなかった。

しかし、実は周りとの確執などはほとんどなくすでに病魔に侵されていたことから迷惑をかけまいとして辞めたと言われている。

告別式には、相当多くの人々が集まっており関係者の間では「こんなに多くの人に出席される葬儀も珍しい」と言わせるほどに人望が厚かったのではないかということが伺える。

ただ、養女の泰子を子供として迎え入れた理由にも真相があった。

【スポンサードリンク】

養女の秘密とは・・

山岡久乃の養女の泰子が秘密を番組で告白していたが、ドラマ降板など真相についてはさらに話がある。

晩年になって、泰子という自分の姪を養子縁組として子供にしたがそれは「財産整理のため」という話もある。

病気に侵されてから、山岡は自分の遺産を養女に継がせる目的で正式な子供として迎え入れたのではないかといわれている。

私生活については、周りの家族の中で一番信頼していたのが姪だった泰子なのである。

葬儀で喪主を務めたのも、泰子であり山岡からの信頼感を表している。

ドラマで長い事活躍してきたということもあり、遺産に関してはそれなりの金額があったのではないだろうか。

残り少ない自分の命を知って、残してあげたいものがあったというのがよくわかる。

【スポンサードリンク】
CATEGORY :