チャンス青木、死因は病気か。嫁と子供やナイツの心境は・・

漫才協会の理事を務めていたことで、浅草の漫才師として有名だったチャンス青木が死去してしまったという・・。

死因は直接明かされてはいないが、何かの病気だったのではないかと考えさせられてしまう。

既婚者で嫁さんはいるという話らしいが子供などはいるのだろうか。

ナイツの漫才ネタでもよく出て来るので、名前は知っていたという人も多いのではないだろうか。

【スポンサードリンク】

チャンス青木が一番知られている理由

ナイツが漫才でよくチャンス青木の名前を出していたことから多くの人にとっては親しみのある名称だったのではないだろうか。

間接的には体調不良になってしまったらしいが死因は突発性の病気ではないかと推測される。

嫁さんや子供はもちろんのこと、ナイツとしてはかなりショッキングな出来事だったのではないだろうか。

また、チャンス青木は年齢が非公表ということもあり70歳~80歳ぐらいなのかなという印象しか持つことができない。

もともとは、「青木チャンス」という芸名だったのだが「ビートたけしのようにカタカナを先にした方が売れる」という考え方に転換して逆にしたのだという。

これは、ナイツが漫才で師匠のことをネタにする時に「どうでもいいわ!みなさんわかんね~よ!」頻繁に言っていたので逆に名前が知れ渡ることとなった。

【スポンサードリンク】

家族やナイツの心境としては・・

葬儀は嫁や子供など近親者のみで行われたようだが、ナイツとしてはかなり苦渋の気持ちであろう。

それなりの年齢であったことが容易に推測されるので、老齢によって体が衰えていき体調などが悪くなってしまい肺炎などが併発してしまうというのは比較的ある。

死因については公式には明かされていないが、少なくとも何らかの病気持ちだったのか・・。

ただ、先月22日の段階ではかなり元気に活動していたという報道もあったので具体的に何があったのかを知ることは難しい。

テレビの方に関しては、ほとんど出演がなかったが浅草の漫才舞台ではかなり活躍していたことから年齢層の高い人たちからはかなり知られていたのではないだろうか。

もちろん、若い人たちの間でもナイツのネタをよく知る人は「必ず一回は聞いたであろう名前」である。

個人的には、ナイツには変わらずネタにしてほしいとは思っているが。

漫才師としては、自分をネタにしてもらえるのはオイシイことなのではないかと。

これまでの活躍は、世の中に知られることになるだろう。

【スポンサードリンク】
CATEGORY :