全国高校サッカー選手権の速報結果!2017年第95回の優勝結果まで

第95回全国高校サッカー選手権の結果を速報形式にて更新しています。

2016年12月30日に開幕し、2017年1月9日の決勝まで激戦を繰り広げる。

2016-2017年、冬の高校サッカーの優勝はどこになるのか・・。

この世代は、貴重な東京五輪世代となっていてもおかしくはないので初戦から決勝まで注目だ!

【スポンサードリンク】

今大会の日程と結果

第95回全国高校サッカー選手権(2016-2017)について、以下の速報結果と歴代優勝校についてお伝えしたい。

※速報結果は試合結果が判明次第随時更新していきます

【12月30日 開幕戦】
関東第一(東京B、初出場)vs野洲(滋賀、2年連続10回目)

【12月31日 1回戦】
北陸(福井、5年ぶり4回目)vs鹿児島城西(鹿児島、3年連続7回目)
桐光学園(神奈川、2年連続10回目)vs長崎総附(長崎、2年ぶり4回目)
鹿島学園(茨城、4年ぶり8回目)vs高川学園(山口、2年ぶり23回目)
藤枝明誠(静岡、7年ぶり2回目)vs東海大仰星(大阪、4年ぶり5回目)
正智深谷(埼玉、2年連続3回目)vs立正大淞南(島根、2年ぶり15回目)
聖和学園(宮城、3年連続4回目)vs海星(三重、初出場)
帝京長岡(新潟、3年ぶり5回目)vs徳島市立(徳島、2年ぶり15回目)
中京(岐阜、初出場)vs大分(大分、2年連続9回目)
秋田商業(秋田、2年連続42回目)vs滝川第二(兵庫、2年ぶり19回目)
市立船橋(千葉、2年連続21回)vs京都橘vs京都産大附属の勝者
前橋育英(群馬、3年連続20回目)vs明徳義塾(高知、3年連続7回目)
旭川実業(北海道、4年ぶり5回目)vs米子北(鳥取、7年連続12回目)
佐野日大(栃木、4年ぶり8回目)vs和歌山北(和歌山、4年ぶり10回目)
山梨学院(山梨、2年ぶり5回目)vs岡山学芸館(岡山、初出場)
尚志(福島、3年連続8回目)vsルーテル学院(熊本、5年ぶり4回目)

【1月2日 2回戦】
東福岡(福岡、4年連続18回目)vs東邦(愛知、4年ぶり5回目)
北陸と鹿児島城西の勝者vs桐光学園と長崎総科大附の勝者
鹿島学園と高川学園の勝者vs藤枝明誠と東海大仰星の勝者
富山第一(富山、2年連続27回目)vs那覇西(沖縄、2年連続15回目)
創造学園(長野、4年ぶり2回目)vs広島皆実(広島、4年連続13回目)
関東一と野洲の勝者vs正智深谷と立正大淞南の勝者
聖和学園と海星の勝者vs帝京長岡と徳島市立の勝者
鵬翔(宮崎、4年ぶり13回目)vs青森山田(青森、20年連続22回目)
鵬学園(石川、初出場)vs佐賀東(佐賀、2年ぶり9回目)
中京と大分の勝者vs秋田商と滝川第二の勝者
市立船橋と京都府代表の勝者vs前橋育英と明徳義塾の勝者
遠野(岩手、4年連続26回目)vs松山北(愛媛、2年ぶり5回目)
山形中央(山形、4年ぶり11回目)vs一条(奈良、3年ぶり7回目)
旭川実と米子北の勝者vs佐野日大と和歌山北の勝者
山梨学院と岡山学芸館の勝者vs尚志とルーテル学院の勝者
高松商業(香川、11年ぶり22回目)vs駒澤大高(東京A、2年連続3回目)

【スポンサードリンク】

過去の優勝校に注目

全国高校サッカー選手権(2016-2017)の速報結果は上記でお送りしているが、歴代の優勝校も以下で見てみると興味深いことがわかる。


第71回 国 見(長崎)
第72回 清水市商(静岡)
第73回 市船橋(千葉)
第74回 静岡学園(静岡)
第75回 市船橋(千葉)
第76回 東福岡(福岡)
第77回 東福岡(福岡)
第78回 市船橋(千葉)
第79回 国 見(長崎)
第80回 国 見(長崎)
第81回 市船橋(千葉)
第82回 国 見(長崎)
第83回 鹿児島実(鹿児島)
第84回 野 洲(滋賀)
第85回 盛岡商(岩手)
第86回 流経大柏(千葉)
第87回 広島皆実(広島)
第88回 山梨学院大付(山梨)
第89回 滝川二(兵庫)
第90回 市船橋(千葉)
第91回 鵬 翔(宮崎)
第92回 富山一(富山)
第93回 星 稜(石川)
第94回 東福岡(福岡)

上記が過去の冬の全国高校サッカー選手権の歴代優勝校である。

過去25年ほどを遡ってみたが、どんな強豪校であっても連覇を達成することが難しいということがわかる。

この25年間で、連覇を達成している高校は東福岡と国見だけという激戦状況。

高校サッカーというと、国見、市立船橋、東福岡、野洲、滝川二高などどこが優勝してもおかしくないだけの強豪が全国に散らばっている。

そのため、連覇を達成することは他のスポーツに比べて非常に難しいということだ。

サッカーの場合、高校では上記のようなどこが優勝してもおかしくないところが多々ひしめき合っているため同じチームが2年連続というのが困難なのだろう。

昨年は、決勝で東福岡が国学院久我山を5-0で圧勝して優勝した。

今年はどんなドラマが待っているのか。

【スポンサードリンク】
CATEGORY :